ランス10 vol.7 変わらず救われない魔人レイ戦(#34)

ぼちぼちとランス10をやってます。
Turn5まで到着。
準備フェイズではカミーラの確保を選択しました。
ケイブリスは、カミーラを探しているらしく、ケイブリスがカミーラを確保すると、将来的に敵として戦わなければならないかもしれません。
正直、初回プレイでは敵を増やすことはしたくないので。

カミーラはランス6で登場した魔人だ。
ランス6では死んでないらしく、ゼスに封印されていたらしい。
だけど、ラインコックは死んでるっぽい。
こういう情報があると、ランス6やりたくなるね。
鬼畜王ランスのときの気位の高さはそのまま。
ケイブリスが嫌いという設定はそのまま残っているようで、もしかしたらストーリーが進むと仲間になるかもしれません。
カミーラが仲間になったらかなり熱いですね。。。

作戦フェイズでは、レイを選択した。
自由都市では、大規模作戦を準備中らしく、これを放置しておくと自由都市が陥落する気がしたから。
陥落したらどうなるんだろう・・・?

レイは、鬼畜王ランスでも登場する。しかも、かなり序盤に。
鬼畜王ランスにおけるレイのイベントは最も嫌いなイベントだった。
ケイブリスにメアリーを人質にとられた状態で、ランスに殺されるという鬱なストーリ。
メアリーは選択肢に応じて、生かすことも、殺すこともできるけれど、どっちにしても嫌なストーリだ。
ランス10では、レイは救われるのだろうか?

レイ第1戦目
レイのHPは160万だった。
前回撃破したメディウサも100万を超えていたため、Turn5くらいになるともはやこれくらいのHPが当たり前っぽい。
ラスボスは1000万くらいありそうだ。。。

左から順に
香姫 →毒団子
イージス →攻撃
シィル →炎の矢&ヒーリング
ランス →攻撃
リック →攻撃
志津香 →攻撃

レイは、雷の魔人なので、雷属性の攻撃は無効である。
そのため、志津香の光雷球が無効となる。
さらに、近接攻撃だと反撃してくる。リック&ランスはかなり相性が悪い。
また、レイは攻撃すると、雷雲という支援が発生する。
雷雲は、レイの魔法攻撃力が上がる支援効果を持つ。
雷雲が4/4の状態になると電磁結界で1万以上のダメージを以上受けるし、雷神雷光だと18000程度。
かなりきつい。
また、ステータス異常の感電になっているとさらにダメージが増える。
負けはしなかったけど、時間切れになる。

レイ第2戦目
ランスの不意打ちで傷を負った状態のレイ。
HPは72万ある。傷を負った状態でも、ガルティア(HP50万)より高い・・・。

左から順に
香姫  →毒団子
サテラ →攻撃
シィル →炎の矢&ヒーリング
ランス →無敵結果
アニス →攻撃
イージス→攻撃

反撃を防ぐために、リックを外してアニスを加えた。
しかし、今回は、傷を負っているためか、反撃がなかった。
ただ、ターン制限が4ターンと厳しく、倒しきれなかった。

そして、レイと3度目の戦い。
一応、自由都市軍と魔軍との大規模戦闘であり、これが最後になるのでは?と思われる。
第2戦目の傷が残っているようで、HPは48万まで減っている。

左から順に。
アニス  →攻撃
ハウゼル →攻撃
シィル →ヒーリング
ランス →無敵結果
リック →攻撃
エレノア→攻撃&睡眠

前回は反撃がなかったため、今回もないだろうと考え、リックを投入した。
しかし、反撃を有していた。。。つくづく予想が外れる。
反撃の攻撃力は厳しくて、回復が追い付かない。
途中でリックをアールコートに、エレノアをミロードリングに、ランスをイージスに変更して撃破。

これで終わりかと思ったけど、レイは逃げる。
そして、メアリーのいる街に逃げ込んだレイを追い詰めて4戦目。
今度はランスとのタイマン。
反撃を有しているため、近接攻撃が中心のランスには圧倒的に不利な展開だ。

レイ第4戦目。
HPは24万でランス一人(タイマンルート)で戦う。

レイは致命傷ありの状態なので、ダメージは多くて500程度。
だけど、近接攻撃をした場合、レイは反撃をしてくるため、近接攻撃で倒すことはかなり難しいと思う。
だけど、遠距離攻撃であるカオス投擲のスキルを有するランスなら、多分勝てるはず。
と思って試してみたら勝てた。

4戦目のレイを撃破すると、レイは死ぬ。
死の直前で生きがいを見つけるという、不幸なレイ。
鬼畜王ランスのときに続いて、あまり後味の良くない最後である。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.7 変わらず救われない魔人レイ戦(#34) はコメントを受け付けていません。

ブロックチェーンを用いた不動産登記サービス(#33)

ブロックチェーンを用いた不動産登記に関するサービスが登場したようです。
こちら
特許取得済、世界初、不動産取引をブロックチェーン登記サービス開始

ブロックチェーンは、記録された情報を後から改ざんすることがとても難しい技術です。
なぜなら、追加された情報がどんどん後ろに繋がって増えていくからです。
途中を変更してしまうと、変更したところから後ろを全部変更しなければならなくなり、現実的ではないからです。
そういう意味では、今誰が保有しているのか?誰から誰に譲渡されたのか?という情報が重要な不動産管理はブロックチェーンに向いていると思われます。
不動産が譲渡されれれば、新しい所有者の情報を後ろにつなげればいいのですから。

不動産所有者のブロックチェーンの簡単な図の一例を用意してみました。
(この図は、上記のサービスを説明する図ではないので、注意してください)

第Nブロックには、土地A、Bの現在の所有者として甲さん、乙さんが登録されています。
ハッシュ値というのは、ひとつ前のブロック(N-1ブロック)から求められた数値です。
第N+1ブロックには、土地Aの所有者が甲さんから丙さんに移ったという記録がされています。
第N+2ブロックには、土地Bの所有者が乙さんから丁さんに移ったという記録がされています。
ここで、第N+1ブロックが改ざんされた場合を想定します。
具体的には、土地Aの所有者が甲さんから甲さんに移ったという記録がされました。
改ざん後の第N+1ブロックのハッシュ値は”NVT”です。
しかし、第N+2ブロックのハッシュ値は、改ざん前の第N+1ブロックのハッシュ値”XCY”を記録しています。
第N+2ブロックのハッシュ値と、改ざん後の第N+1ブロックのハッシュ値とが一致していないため、第N+1ブロックが改ざんされたことがわかります。

なお、第N+2ブロックのハッシュ値を改ざんすると、第N+3ブロックのハッシュ値も変わってきます。
このため、第N+1ブロックを改ざんすると、第N+1ブロック以降すべてのブロックを改ざんする必要があります。
とても現実的ではありません。
このようにして、不動産所有者の正しさが維持されるのです。

カテゴリー: IT | ブロックチェーンを用いた不動産登記サービス(#33) はコメントを受け付けていません。

警察官×弁理士で知財侵害品取り締まりを考えた記録(#32)

佐賀県で、グッチやルイヴィトンの商標をつけた財布を、販売した人が商標権侵害で逮捕されました。
このニュース。
ネットで偽高級品販売の20代男逮捕

サイバー犯罪対策課という組織が逮捕していますが、記事によるとヴィトンの日本法人が通報によって逮捕されています。
サイバー犯罪対策課が、インターネットを巡回している間に、商標権侵害品が販売されていると判断して、逮捕したという類のものではないようです。
この辺の侵害鑑定は、弁理士の専門分野です。
もしかしたら、弁理士がサイバー犯罪課に所属することで、積極的に知的財産権侵害品を取り締まることができるようになるかもしれません。

こんなイメージ。

①パトロール
警察は、インターネットの世界をパトロールします。
②連絡
警察は、あやしいもの(侵害被疑品)を見かけると、権利者に連絡します。
③確認
知財権利者は、確認に行きます。
④報告
知財権利者は、警察に結果を報告します。
⑤逮捕
警察は、知財権利者からの報告に基づいて、逮捕します。

もしかしたら、警察の部分は、警備会社としてもいいかもしれません。
この場合、警備会社は⑤逮捕ができませんので、⑤警察に通報になります。
警備会社の新しいビジネスモデルとして、インターネット警備というサービスが出てくるかもしれません。

カテゴリー: ビジネスモデル, 商標法 | 警察官×弁理士で知財侵害品取り締まりを考えた記録(#32) はコメントを受け付けていません。

弁理士3年目を迎えるにあたっての記録(#31)

未来とは、今まで積み重ねてきた人生の延長線上にあるものだと思っています。
だから、今までの人生が不満足だったからといって、それを否定するような行為は、これからの未来をも否定することに繋がるものだと思っています。
今まで積み重ねてきた人生を肯定して、これからどうしていくのか考えるからこそ、未来の人生は満足いくものになっていくと信じています。

ニュースに取り上げられていますが、私が働いたリコーという会社は、ここ数年の業績はあまりよくありません。
2011年に1万人の人員削減を開始しました。
その後、複数の拠点の統廃合を行いました。
そして、今年1700億円の損失を見込んでいます。
会社の業績が傾くことは不安でした。
悲観的になることは簡単でした。だけど、それでは何も解決しません。
だけど、自分がやりたかったことはなんだったのか?
今まで自分が歩んできた道を振り返りました。
そこで気が付いたことが、弁理士になりたかったことでした。

弁理士試験はとても難しい試験なので、当時(大学4年)、受ける前からあきらめていました。
しかし、このままリコーに居続けることも難しいと思いました。特に、居続けられるか否かは自分の力だけではどうすることもできないと思いました。
そこで、弁理士試験に挑戦することに決めました。
受験期間中、何度もやめようと思いましたが、将来を考えると、やめたら絶対に後悔すると思いました。
僕は3度目の受験で合格し、転職しました。
今月で弁理士3年目を迎えます。

僕がリコーを辞めて弁理士になることは、今まで積み上げてきた過去を否定した行動をとったかのように思われるかもしれません。
実際リコーを辞める時に、それに類することを言われた覚えがあります。
だけど、そうではありません。全てつながっています。
僕は、​大学で情報科学(IT)を学びました。
リコーに就職し、経営を学びました。
独学で知的財産を学びました。
そして、今はこれまで学んできたことをフル活用し、お客様のIT技術を知的財産として保護又は活用することで、企業経営に貢献できるような弁理士になることを目標に仕事をしているからです。

カテゴリー: 日記 | 弁理士3年目を迎えるにあたっての記録(#31) はコメントを受け付けていません。

シーシャを体験した記録(#30)

シーシャを体験してきました。
シーシャは、たばこの一種。
タバコを加熱して発生した煙を吸う点は、日本で普及している紙タバコと同じです。
だけど、シーシャでは、タバコに直接火をつけるのではなくて、熱で蒸らします。
蒸らすことで生じた煙を、一回水にくぐらせて、吸います。
紙タバコが発する嫌なヤニ臭さとか、むせる感じとかそういうものが一切ないです。
むしろ、たばこに香りづけをしているため、香りはさわやかです。

シーシャは、色々なお店で体験することができます。
僕は、秋葉原にあるAKIBAスモーカーズに行きました。

このお店を選んだ理由は、会計がわかりやすかったから。
Webサイトでは、会計方法がこんな感じで紹介されている。
また、店員がメイドさんの格好をしていて、他のお店よりも気軽な感じがしたから。
会計がわかりやすいことと、気軽な感じを与えることは、初心者にとって非常に重要な点だと思います。

店内に入ると、ゴボゴボと水の音がします。
この音は、怪しすぎて最初は驚かされます。
ボトルの中の煙を吸うと、減った分の煙を補充するために、新しい煙を水の中にくぐらせます。
このときの煙が水の中をくぐるときに、ゴボゴボと音を立てます。

最初、フレーバーを選ぶのですが、正直よくわからないです。
だけど、店員さんが選び方を教えてくれます。
好きな果物とかそういう観点で選ぶといいと思います。
僕はホワイトピーチとゲイシャという組み合わせを注文しました。
どちらもピーチ系のフレーバーらしいです。

こんな器具で、緑色の管から吸います。

ちょっと薄暗いけれど、全景。

水出しコーヒーの装置みたいですね。

吸うときは、ゆっくり吸って、吐きます。
吸うとき、煙を吸っている感じや、むせる感じはありません。
それなのに、吐き出すとき、口から煙がでるので不思議な感じです。
吐き出すとき、桃の香りが広がります。
おお、なんかすごい。というのが感想です。

定期的に店員さんが、たばこの蒸し加減を点検してくれます。
蒸らし加減を強くしたり、弱くしたりとか自由です。
店員さんは、気が利く人が多くて、誰か咳込むと、状況を確認してくれます。

ただ、吸いすぎは注意が必要だと思いました。
シーシャは、1回の喫煙時間が1時間を超えます。
香りのよさが手伝って、最初のうちは、お酒を飲んだような感じで、いい気分になります。
だけど、あまり頻繁に、吸って、吐いてを続けると、(多分)酸欠状態になってきます。
酸欠になると、気持ちいいような、気持ち悪いような、よくわからない状態になります。
たくさん吸いたい気持ちは少し抑え気味にしたほうが、気分よく過ごせるように思います。
なお、シーシャは、たばこの仲間なので、20歳未満は喫煙することができません。

お店には、2時間くらいいました。
その間、チャージが500円、コーヒーが400円、シーシャが1300円とそれらの消費税。
合計2300円くらいかかりました。
お店自体は静かで、一人でゆっくりしたい方とかにはいいかもしれません。
テーブルはサイドテーブルがあるくらいなので、書き物をするには不向きです。
読書、タブレット、ノートPC等をするには良いと思います。

AKIBAスモーカーズ
HP
Twitter:@akiba_smokers

カテゴリー: 日記 | シーシャを体験した記録(#30) はコメントを受け付けていません。

2018年10大やること2-3月度実績振り返り(#29)

2017年度が終わりますので、2018年10大やることを振り返りました。
2月、3月は仕事が多かったこともあり、あまり進んでいないです。

①英語力強化 目標:TOEIC 730点
1月に受験した結果は、Listeningは大幅減、Reading微増でした。
Listeningは、触れる機会が圧倒的に少ないのが影響していますね。
Readingは、仕事で内外案件をやっていることもあり、多少は上達しているようです。
次回のTOEICまでにやることは、こちらこちらの記事にまとめています。
少しやることを見直しながらボチボチ進めています。
次は7月に受験を予定しています。

②付記試験合格
通勤時間中に民法を勉強しています。
そろそろ勉強の計画を立てなければならないと感じています。

③報酬 10%UP
特になし。淡々と今の仕事を続けるだけです。

④ブログ150件書く
3月末時点で29件。
このペースであと9か月作成すると116件。
ちょっと遅いペースですが、件数の目標って意味ない気がしてきました。

⑤釣りに行く
そろそろ暖かくなってきたので、近場の釣り場に行こうかなと思ってます。

⑥ビジネスモデルを考える 年24個
1月に1つ思いついたきりで、何も思いついてません。

⑦論文を書く
ノーアイデアというわけではありませんが、未着手です。
というか、論文を書くための前提知識がなさすぎるように思います。

⑧本を書く
論文以上にノーアイデアです。

⑨本を読む 年間50冊
きつい。
4冊目 理系のための法律入門
5冊目 奇子
6冊目 ブロックチェーン技術入門(読み中)

⑩子供と遊ぶ
2月は羽田空港
3月は上野動物園と花見
に行きました。

カテゴリー: 日記 | 2018年10大やること2-3月度実績振り返り(#29) はコメントを受け付けていません。

ある保育園児の記録(#28)

子供の保育園のお迎えを時々やっている。
これを繰り返していると、自分の子供以外に仲良くなったりする子供もできたりする。
そんな子供の話である。

ふと会社でカレンダーを見ると、3月の最後の週にさしかかっていることに気が付いた。
来週からは4月だ。
4月になったからといって・・・うちの事務所は何も変わらない。
しかし、顧客側には人事異動があったり、退職があったり、いろいろ騒がしい。
自分の子供も、学年が1つ上がる。
今までは、カートに入って公園まで遊びに行っていたようだが、来年度からは歩いて公園まで遊びに行くことになるようだ。
毎日見ていると気が付きにくいこともあるが、少しずつ成長している。
成長といえば、僕と仲良くなった保育園の子供(自分の子供ではない)は、今年で卒園することに気が付いた。

他人の子供のことだ。だから、本当にどうでもいいことだ。
だが、きちんとお別れの挨拶をしなければならないのではないだろうか?
きちんとお別れすることなく切れた人というのは、いつまでも気持ちの悪いまま残っている人が多い。
それは細切れの本当に短い時間だったが、楽しい時間だったのだ。
仕事の残りの量と、今週の予定を確認して、今日は子供の迎えに行けることを確認した。
本当は迎えに行くつもりはなかった。だけど、今日を逃すと、確実に迎えに行けるという日は作れそうになかった。

保育園に子供を迎えに行くと、自分の子供のほかに2~3人の子供が残っている。
他の子供の多くはすでに帰宅しているので、うちは迎えに行くのは遅いほうだ。
2~3人の子供のうち、1人が僕とよく遊んでくれる子供だ。
彼はいつもお迎えが遅いため、迎えに行くとたいてい居る。
彼との共通の話題はポケモンGOだ。
最近、僕は伝説のポケモンのレックウザを捕まえて自慢したのだが、それ以上にたくさんの伝説のポケモンをゲットした話で自慢されてしまった。
ちなみに、言い返せる位の自慢をしてやると、子供は喜んで自慢を返してくれるので、仲良くなりやすいのだ。
ポケモンは凄い。20歳以上も年齢が離れた人間に共通の話題を提供してくれるのだから。
ちなみに、他の子供からも嫌われているわけではない。タオルでバシバシ叩かれたり、抱き着かれたりするので、一応好まれていると思う。

ひとしきりポケモンの話をした後に、小学校の話をしてみた。
彼と僕の子供とは学区が違うようで、僕の子供が小学校に進学したときに一緒の小学校になることはなさそうだ。
僕は、本当に今日が最後になるかもしれないと伝えた。
なんだか周りの先生たちも少ししんみりしている(自分の子供は玩具に夢中だ)。
いままで楽しかった。
だから、感謝の気持ちを伝えてお別れした。

またどこかで会えるといいね。

カテゴリー: 育児 | ある保育園児の記録(#28) はコメントを受け付けていません。