強制執行の三態様

く訴訟で、判決を得た後、その判決に従って、債務を履行してもらう必要があります。しかし、きちんと履行してくれない場合もあります。
例えば、やめなさい。という判決が出たにも関わらず、やめてくれない場合です。

こうした状況において、強制執行させるための規定が民法にはあります。
一つは、直接強制です。これは、裁判所に履行を請求して、国家権力によって履行してもらうことです。

金銭的な賠償の場合は、これで履行してもらいます。
もう一つは、代替執行です。これは、債務者(本来、履行すべき人)の費用負担で、第三者に代わりに履行してもらうことです。

物を作るとか、そういうことをやってくれない場合、これで履行してもらいます。
だけど、これら二つでは、上の例のように、やめろと言ってもやめてくれない状況に対応することができません。こうした状況のために、民事執行法という別の法律に、さらにもう一つ規定されています。

最後の一つが、間接強制です。これは、一定期間内に債務を履行しない場合、一定額の金銭を債務者に払うことを命じることで、履行させることです。

権利侵害行為などをやめてほしい場合は、これで履行してもらいます。
債務の性質に応じて、執行させるための規定が違います。

カテゴリー: その他法律 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です