言葉の選び方

言葉を選ぶのは難しいと実感している。
今、初めて物理構造的な要素がある発明を担当している。
物理構造的な発明は、どんな言葉を使えば正しく伝わるかとても難しいように思う。
例えば、回転。単に回転すると書くだけではたぶん不十分で、どんな風に回転するのか、方向とかもきちんと示してやる必要があると思ってる。
時計回りとか書くと簡単だけど、反時計回りの場合が権利範囲から外れてしまうので、好ましくなさそうだ。
他の人の明細書を見ると、駆動方向という表現が使われていたり、単に回転と書いてあったりまちまち。
いまの発明に近い明細書がみつからず、最適解はまだ決まってなかったりする。
明日も続きをやる予定。

カテゴリー: 日記, 特許法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です