公表された著作物の利用について

公表された著作物は、所定の要件を守れば、引用して利用しても良いことになっています。
そのことを規定している条文が、著作権法32条1項です。
この条文は以下の4つの要件から構成されています。
①公表された著作物であること。
②引用であること。
③公正な慣行に合致するものであること。
④報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものであること。

これらについて一つずつ見てみましょう。
①公表された著作物であること
インターネットや学会などで公にされた著作物である必要があります。ブログとかで発表されたものも含めて良いでしょう。
もしも、未公表の著作物を勝手に利用した場合、公表権の侵害となりますのでご注意ください。

②引用であること
引用とは、他人の著作物を自分の著作物に用いることです。
ただ、自分と他人の著作物の見分けがつかなくなってはいけませんし、引用する側が主であることも必要です。

③公正な慣行に合致するものであること
これは曖昧な規定であり、業界や著作物の性質によって異なってくるため、あえて曖昧にしていると推測されます。
具体例を挙げるとすると、ブログの文章だと、「引用元の文言の一部を抜き出して紹介する」という行為は、ブログが文字を中心に構成された著作物であることから、公正な慣行に合致するものと思われます。

④報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものであること。
これも③と同じように、業界や著作物の性質によって異なってきます。
具体例を挙げるならば、ブログの場合だと、「自分の主張を補強するために記載する」などの用途であれば、正当な範囲内に該当するように思われます。

また、32条の利用にあたり、著作物を複製する場合は、著作権法48条1項1号に基づいて出所を明示せよと、規定されています。
この条文には、以下の3つの要件から規定されています。
①著作物の出所を明示すること。
②出所の明示は、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により行うこと。
③著作物の複製であること。

こちらも1つずつ見ていきましょう。
①著作物の出所を明示すること。
どこにある著作物か明確にしておくことです。
ブログだとURL、本だと書籍名などが該当します。

②出所の明示は、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により行うこと。
出所の書き方を規定しています。学術論文や書籍だと参考文献として最後にまとめて書きますよね。
著作物を見た人が、「このソースはどこだ?」と思った時に、ソースにアクセスできる程度に記載されば大丈夫ではないかと思います。

③著作物の複製であること。
複製とは印刷、写真、複写、録音、録画、その他の方法により有形的に再製することを言います。(著作権法2条1項15号)
ブログの場合は、コピペとかが相当するでしょうね。

合計7つの要件に注意してください。
多いように思えますが、マナーを守って引用すれば、そこまで厳しい要件でもないと思います。

 

カテゴリー: 著作権 パーマリンク