年功序列制度による大いなる勘違い社員

会社員は、時々大いなる勘違いをする。
40歳くらいには年収700万くらいは欲しい。とか
この会社に入れば、生涯年収3億円。とか。
所属する会社、年齢によって年収が決まるという大いなる勘違いだ(勘違いさせるような報道がされることで、それに騙される人たちが多くいることは否定しない。)。
そもそも、会社員は、自分たちに支払われる給料は、一体どこからくるのか考えたことがあるのだろうか?
会社は、社会に価値を提供し、その社会から対価をもらっている。
そして会社は、その対価を会社員に給料という形で配分しているのだ。
では、会社員は何を会社に提供しているのだろうか?
それは労働力だ。製造もあれば、営業も管理もある。なんでもいい。
会社員は、会社に労働力を提供する。そして、会社はその労働力を価値に変えて社会に提供している。
同時に会社は、その労働力に対して、会社員に給与を支払っているというわけだ。
ということは、膨大な労働力を提供してくれる会社員に対して、膨大な給与が支払われてしかるべきだ。
でも、日本の会社の多くはそうなっていない。
なぜか?それは、終身雇用・年功序列だからだ。
最初のうちは給与が安く、勤務年数に応じて給与が上がっていく。何も考える必要のない楽な制度だ。
すなわち、勤務年数が短いうちは、どんなに労働力を提供しても、給与は少ない(残業代で一時的に上げることは可能)。
一方、勤務年数が長くなると、どんなに労働力をケチっても、給与は多い。
もちろん、勤務年数が長くても、膨大な労働力を提供している人もいる(ほとんど見たことないけど)。
どんな風に働いても、給与はそれなりに上がっていくのだ。
だから、大いなる勘違いが始まる。
40歳くらいには、年収700万くらいは欲しい。とか。
この会社に入れば、生涯年収3億円。とか。
でも、ちょっと考えてみて欲しい。
あなたは、それだけの労働力を会社に提供してる?
「当たり前だ。俺はこんなに毎日残業して、土日だって仕事してるんだ。膨大な労働力を提供しているんだ。もらって当然だ!」
という意見もあるかもしれない。だけど、これこそが大いなる勘違いの最たるものだ。
ちょっと考えてみて欲しい。
あなたの労働力を、会社はどんな価値に変えて、社会に提供していますか?そして、それはどれくらい対価を得てますか?
それが5億円だとしたら、生涯年収3億円でも良いかもしれない。
だけど1億円だとしたら、生涯年収3億円になるのはおかしい。
もしかしたら、この大いなる勘違い社員は、大した労働力もないのに膨大な残業代ばかり請求してくる赤字社員かもしれない。
労働力に見合った給与を支払わない年功序列制度は、このような大いなる勘違い社員を間違いなく増やす。
ただ、会社もバカではないので、社員の提供してくれる労働力が、社会から得られる対価に見合わないと思うと、リストラを行う。
こんなに会社に尽くしたのに、なんでだ。とか、思っている人たちの多くは、残念ながら会社にとっては赤字社員だったにすぎない。
リストラは、やり方が下手くそだと黒字社員も放出する諸刃の剣だが(希望退職募集とか)。
では、このような大いなる勘違い社員を撲滅するにはどうすればいいのか?
それは、年功序列をやめて、労働力に見合った給与を支払うようにすれば良い。
基本給+歩合給みたいな感じだ(基本給は生活を保障する最低限のもの)
歩合部分は経営貢献度を加味して、職種によって定める。
定めるのは当然経営層の仕事。部下に丸投げせずに、自分の会社がどんな価値をどれくらいの対価で提供できるのか把握して定める。
これで相当改善される。

 

カテゴリー: 経営 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です