商標は選択物であり、最初に考えた人が権利を取れるわけではない

数ある知的財産権のうち、商標は、創作物として扱われていません。
そのため、知的財産権法に見られる、創作物特有の概念がありません。
例えば、新規性という概念です。
創作物として扱われている発明や意匠などは、創作し公開すると、新規性を喪失します。
新規性を喪失すると、その創作物を出願をしても、公開されていることを理由に特許庁から拒絶されます。
拒絶されると、出願人は、特許権や意匠権などの独占排他権を得ることはできません。
一方、商標の場合は、公開しても、それを理由に拒絶されることはありません。
そのため、公開された商標を見た人が、同じ商標を出願して商標登録を受けることができる場合があります。
一見すると、最初に使い始めた人にとって不利益をもたらす規定のように思えます。
商標法は、商標に化体した業務上の信用を保護する規定なので、一番最初に考えた人が必ずしも権利を取れるとは限らない規定ぶりになっています。
しかし、使用意思もなく出願され、商標登録されると、商標は「選択物」であることから、使用意思を持った他人の選択の幅がどんどん狭くなってしまうという問題が生じます(現実的には起こりえないが。。。)。
このような問題を解消するため、一定期間使用されてない商標に対しては不使用取消審判という、登録を取り消すための審判を請求することができます。
このように、商標は、権利を取ったからといって安心していてはいけません。
最初に考えた人が権利を取れるわけではない一方で、権利を取った人はその商標を使わなければならないのです。

カテゴリー: 商標法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です