超初心者向けパチスロのやり方(入店から帰るまで)

仕事の関係で、初めてスロットをやった。
今までスロットといえば、ドラクエのスロットくらいしかやったことがない。
スロットといえば、ギャンブル。ギャンブルといえばお金がどんどんなくなって、人生を棒にふってしまうものというネガティヴなイメージを持っていたから。
それに、パチスロ屋はタバコ臭いし、とにかくうるさくて、近くを通るのも嫌なものだった。
僕は、仕事のためと割り切り、スロットをしに行った。

パチスロ屋でのスロットのやり方(入店から帰るまで)
1.お店に入店し、空いてる席に座る
2.各席にあるメダル払出機にお金(千円~)を入れ、メダルを払い出す
3.メダル投入口にメダルを投入する
4.スタートボタンを押す
スタートボタンを押すと、ルーレットの回転が始まる
5.ルーレット停止ボタンを押す
ボタンは3つあり、どの順に押しても良い。ボタンに対応したルーレットが止まる
6.出た目に基づいて、イベントが起こる
イベントとは、当たりだったり、もう一回ルーレットを回せたり、少しのメダルが払い出されたり、色々ある。
このイベントの遷移が特許になったりする(どれも同じだと思ってた。)。
当たりが出ると、派手なイベントが始まり、たくさんのメダルが払い出される可能性がある。
7.3.~6.を繰り返す
8.ゲームを止める時は、残ったメダルを各席にある返却口に投入して、交換カードを受け取る
9.交換カードをカウンターへ持っていく
10.枚数に応じて、景品に交換できる。景品は純金だったり、お菓子だったりする
純金は買い取ってくれるところがある
11.純金を買取所に持っていくと、黙って買い取ってくれる
12.家に帰る

この日は5円スロットを1時間プレイして、2000円使い、1000円分の純金と少しのお菓子と交換できた。
一番楽しかったのは、純金やメダルに交換するところ。
自分がやった結果をモノに変えるのは、どんなものでも快感。
ゲーム中はギャンブルをやってるという感覚は全然なくて、ゲームセンターでゲームをする感覚と何ら変わらない。
ゲーム好きな人は、普通に遊べるだろう。
遊ぶにあたり問題となるのは、タバコと騒音、臭い対策だ。
タバコはマスクをし、騒音は耳栓をすれば対処できるのではないかと思われる。
臭いは、帰ったらすぐに風呂に入るなどする必要があるだろう。

—————————————————————
知的財産権法につきまして、相談を受け付けています(2016年は無料)。
ご相談事項などありましたら、上の問合せ先からご連絡ください。
IT・ビジネス弁理士 たけ
Twitter @itbiztake
——————————————————————

 

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です