発明の実施形態は多いほうがよいと教えてもらった話

訴訟系の仕事を通じて、弁護士の先生とお会いした。
打ち合わせが少し脇道に逸れて、特許請求の範囲に記載された発明の技術的範囲の解釈について教えてもらった。
侵害被疑品が、発明の権利範囲を説明する「特許請求の範囲」の構成要件を充足していても、実現手段が、明細書にて説明される「実施形態」と異なると、権利範囲に含まれない場合があるという。
要は、特許権侵害とは認められない。
このため、実施形態は複数記載するようにした方が良いということだ。

具体的な例は脇道の中で出てこなかったので、レビューの後に具体例ないかなと考えてみた。
そしたら、自然数のソーティングが浮かんだ。
特許請求の範囲の構成要件に「複数の自然数を昇順にならべかえる整列手段」と書書かれ、明細書の実施形態に「バブルソート」しか記載されていないとする。
この場合、侵害被疑品が、「複数の自然数を昇順にならべかえる整列手段」を有していても、侵害被疑品が整列手段として「クイックソート」を用いていると、特許権侵害には当たらない場合がある。ということだ。
何らかの整列手段を用いた発明を考えた時、バブルソートだけ、クイックソートだけで実施形態を記載するのではなく、いろんなソートアルゴリズムを含めて発明を説明した方が良いということだ。

————————————————————————————————————————————————
知的財産権法につきまして、相談を受け付けています(2016年は無料)。
ご相談事項などありましたら、上の問合せ先からご連絡ください。
IT・ビジネス弁理士 たけ
Twitter @itbiztake
————————————————————————————————————————————————

カテゴリー: その他法律, 特許法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です