わかりやすい文章の書き方〜言葉の修飾

文章の書き方にはルールがある。
このルールは、ほとんど学校では教えられていない。
僕自身もセミナーを受講したり、本を読んだり、実際に書いたりする事で身につけていった。

文章が分かりにくくなる原因の一つは、修飾の仕方だ。
僕自身もセミナーを受講したり、本を読んだり、実際に書いたりする事で身につけていった。
文章がわかりにくくなる原因の一つは修飾の仕方にある。
例えば、以下のような文章を書いてみた。
「私はあなたが先生があなたに単位を与えないと卒業できないと考えている。」
一回読んだだけでは、内容は頭に入ってきにくいと思う。
なぜなら、修飾関係が入れ子になり離れているからだ。
この文の修飾関係は以下の通りである。
私は→考えている。
あなたが→卒業できない。
先生が→あなたに単位を与えない。
つまり、「私は」によって修飾される「考えている。」までが長すぎるのだ。
この入れ子を解消して、書き直してみた。
「先生があなたに単位を与えないとあなたが卒業できないと私は考えている。」
1回読んだだけで、頭に入ってきやすくなったのではないだろうか?
わかりやすい文章を書くためには、言葉の修飾関係のある言葉同士は離しすぎないことが1つの方法である。

カテゴリー: 文章術 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です