MacユーザがMS-Office使うならOffice365がいいかも

Macを使ってると、MS-Officeを使いたい時に困る。Windowsのようにバンドルされていないのだ。
MacにもMS-Officeに対応するソフトがあるが、MS-Officeで作成したファイルを開くときに不安が残る。
OpenOfficeも使ってみたが、遅すぎて使い物にならなかった。
MS-Officeを買うかなぁ。と、MS-Officeについて調べていたら、Office365がMacでも使える事を知った。

Office365はMSの月額課金制のサービスだ。
MS-Officeだけではなく、ファイルサーバやメールサービスなど、いろんなサービスが使える。
それでいて月額1300円弱。1年分まとめて申し込むともっと安くなる。
詳しくはここを参照してください。
https://products.office.com/ja-jp/consumer

体験版は1ヶ月無料なので、登録してみた。
MS-Officeは、登録後にWebサイトからダウンロードしてインストール可能だ。
ファイルサーバは1TBもあった。存分に使える。
さらに、ファイルサーバには、スマートフォンやタブレットからもアクセスできる。
外出先でわざわざPCを開いたりする必要がない。
外出先くらいであれば、タブレット、スマホで資料閲覧・加工が十分になる。
このような活用を後押しするため、iPhoneでもMS-Officeがダウンロード可能となっている。他のデバイスでも可能だろう。

今までこのようなファイルサーバ的な役割はiCloudが担っていた。
しかし、iCloudは5GBしかなく容量不足を感じていた。
今度は200倍の1TBだ。気兼ねなく使える。

最終的にどちらにするかは、1ヶ月試してみて判断することになる。
しかし、MS-Officeを単体で買うよりも、Office365を使った方が面白い生活ができそうな予感がする。

————————————————————————————————————————————————
知的財産権法につきまして、相談を受け付けています(2016年は無料)。
ご相談事項などありましたら、上の問合せ先からご連絡ください。
IT・ビジネス弁理士 たけ
Twitter @itbiztake
————————————————————————————————————————————————

カテゴリー: IT パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です