Office365の使用感ーPC編

Office365を導入して約1週間経過しました。
主にPCで使っており、その使用感を書いてみます。
Office365はマイクロソフト(以下「MS」という。)が提供する、ソフトウェアサービスです。
MS-Officeやファイルサーバに加えて、Skypeでの60分通話無料機能もついてきます。
毎月サービス料金を支払う形のため、Office365を使い続けるには、お金を支払い続ける必要があります。

提供サービス
Office365は以下のようなサービスが提供されます。
①MSOfficeが一通り使える。
具体的には、Word, Excel, PowerPoint, Outlook, Onenote, Publisher, Accessです。
ブラウザを使って、アカウントを作成して、ログインすることで、ダウンロード・インストール可能です。
所定のリンクをクリックすることでダウンロード可能です。
ダウンロードできるのは最新版のみです。
2台のPCにインストール可能であるため、MacのBootcampなどを用いて、MacにWindowsをインストールした場合、Windows側にもインストールできます。
一度、インストールすれば、インターネットに接続されていない環境でも使用できました。このため、ノートパソコンでも問題なく利用できそうです。

②ファイルサーバ
OneDriveクラウドストレージと呼ばれています。1024GB(1TB)の容量があります。
ブラウザでログインし、OneDriveをクリックすると、ファイル一覧が表示される画面に移動します。
この中にドラッグすることでファイルの送信が可能です。
ダウンロードは、ファイルを選択してダウンロードボタンをクリックします。
なお、OneDriveと連動したフォルダをPC内に作ることができます。
そのため、そのフォルダの中にドラッグ&ドロップしてもファイルのやりとりが可能です。
複数人で1つのファイルを共有する機能もあるそうです。試せていませんが。。。。

③Skype60分通話無料
Skypeで通話時間が60分無料/月になるそうです。
Skypeの話し相手がいないこともあり、試してませんし、試すこともなさそうです。

使用感
①MS-Office
MS-Officeに関しては、Windowsに同梱されているOfficeと差がないと思います。ちなみに、Windows同梱版と比べてPowerPointが使えるので便利です。
過去にWindowsで作成したファイルは、問題なく開けました。
編集に支障もありませんでした。
また、 Macで編集したファイルは、Windowsで問題なく開けました。
現時点で、大きな問題は起きていません。

②ファイルサーバ
今の所、ファイルサーバはほとんど使ってません。
理由は1台のパソコンで使っているためです。
1台で使う場合は、PC内にデータがあれば良いので、有用性を感じないかもしれません。
ただ、複数のパソコン・スマートフォンでファイルを扱いたい場合、かなり便利だと思います。なぜなら、ファイルサーバにファイルを保存しておけば、どこでもファイルにアクセスできるためです。
これからスマートフォンでも使っていくので、そこで真価を発揮する機能だと思います。

<おまけ>
今、3000円キャッシュバックキャンペーン中のようです。
12月9日〜翌年1月10日に購入されたOffice365が対象のようです。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/campaign/cashback2016winter.aspx

————————————————————————————————————————————————
知的財産権法につきまして、相談を受け付けています(2016年は無料)。
ご相談事項などありましたら、上の問合せ先からご連絡ください。
IT・ビジネス弁理士 たけ
Twitter @itbiztake
————————————————————————————————————————————————

カテゴリー: IT パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です