ネットで情報発信がないとあなたと会う理由が作れない

今年も自分から年賀状を送りません。
年賀状を送らない理由は1つだけです。
「送っても何も変わらない。」
僕はネットで情報発信してくれる人に対して、優先的に会いたいなと思います。
お互いにプラスになるタイミングで会いたいと思っているためです。
だから、ネットで情報発信がないと、何がプラスになりそうか全く想像がつかないのです。
年賀状は年に一回のブロードキャストな発信です。
情報量は皆無であり、ここからお互いプラスになり、かつ会う理由を見つけるのは至難の技です。

インターネットが普及する前の時代であれば、近況報告の意味も兼ねて年賀状を送る意味はあったかもしれない。
しかし、今はもうインターネットがある。
普段、直接会わない人であっても、それなりの頻度で何らかの情報を発信してくれていれば、もう十分なんですよ。
投稿を見かければ、あ、元気なんだ。今、こんなことしてるんだ。と思える。
それらの投稿の何か1つがきっかけとなって、近いうちに会いたい。こんな情報を提供したい。と思えるかもしれない。
定型的で情報の限られた年賀状よりも、そっちの方がはるかにあなたのことを身近に感じることができる。

毎年、年賀状をくれる方がいる。
だけど、その人は遠方にいて、ネットで発信はほとんどない方。
申し訳ないが、年賀状から読み取れる内容だけでは、なかなかあなたに会う理由が見つけられない。
だから、本当は年に一度の年賀状ではなく、普段から何かネットで発信してほしいと思う。
全く会わないけれど、毎年年賀状をくれるほどの方、本当はなんとかして会う理由を見つけたいと思ってます。

————————————————————————————————————————————————
知的財産権法につきまして、相談を受け付けています(2016年は無料)。
ご相談事項などありましたら、上の問合せ先からご連絡ください。
IT・ビジネス弁理士 たけ
Twitter @itbiztake
————————————————————————————————————————————————

カテゴリー: 自己紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です