特許調査を初めてやった

特許調査をやった。
と言っても、調査専門の弁理士が請け負うような、しっかりしたものではない。
今回の調査の目的は、特許請求の範囲の内容の検討であった。
似たような発明を回避するように、特許請求の範囲の記載を考えるわけだ。
調査作業はシンプルで、出願予定の発明に関連するキーワードで、特許庁が提供する特許データベースを検索する。
今回の発明は特殊過ぎたのか、似た発明がほとんど出てこなかった。
ということを特許請求の範囲案と共に調査報告書にまとめて提出したら、明細書作成の依頼が来た。

よしよし。という感じである。

カテゴリー: 特許法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です