調査という仕事

弁理士には調査という仕事があります。
クライアントが考えた発明が、すでに先行技術として存在しているかいなかを調べる仕事です。

よくあるケースとして、出願しても大丈夫か否かを調べてほしいという趣旨で調査の話を頂く場合があります。
このような相談頂いたとき、言われた通りに調査する事はできます。
だけど、あまりオススメしていません。
なぜなら、調べるくらいなら出願すればいいからです。
特許出願すると、たいていの場合、拒絶理由が通知されます。
そして、拒絶理由通知に対して、補正と意見書で応答して、拒絶理由を解消を狙うことが一般的な手続きです。
しかし、事前に調査しても、100%拒絶理由通知を回避できるわけではないのです。

では、調査が活きるのはどんな時か?
一つのケースとして、開発前の先行技術調査があります。
作りたい発明のイメージに基づいて先行技術を調査し、それを回避するように発明する。というものです。
そこそこの企業であれば、競合他社を研究するためにやっている調査だと思います。
先行技術調査であれば、先行技術があったとしても、発明前の段階であるため設計変更しやすいです。
さらに、ソフトウェアであれば、将来のバージョンアップに向けて、どういう方向性で改修していけば良いか、何をしてはいけないか、などを頭に入れた上で開発していくことができます。

上記の「問合せ先」では、調査に関する相談も受け付けています。

カテゴリー: 特許法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です