たけ流の整理・片付けの法

トイレはどこの家でも大体いつも綺麗だ。
これが僕には疑問だった。
なぜだ?
よく考えた結果、以下の二つの答えに行き着いた。
①トイレにはトイレで使うものしかない。
②トイレで使うものは、使う場所に配置されている。
この答えをもっと他の場所にも使えないか考えた。
それがこれだ。
①モノは、生活に合わせて揃える。
②モノは、モノのある場所で使う。
この二つを遵守することで、モノに関する問題は大抵片付く。

モノに関する問題とは、例えば、モノがなくなる。モノが溢れる。だ。
モノが溢れるとは、家の収納に収まりきらない状態を表す。
どんどんモノを買い、収まりきらなくなった末に行き着く状態だ。
モノが溢れている人は振り返ってほしい。あなたが買ったモノは、同じ機能を有するものが家の中にないだろうか?
僕は同じ機能を持つモノを買うなとは思わない。
だけど、買ったら、家の中にある同じ機能を有する物品を捨てよう。
そして、買ったものを同じ場所に収納しよう。
そうすれば溢れない。

モノがなくなる。とは、モノがあったと思っていた場所に無い状態だ。
これは、モノを使うために動かして、そのまま元の場所に戻さなかった場合に起きる。
だから、モノはその場所で使えるように再配置しよう。
そうすれば、戻さなくても良いので、なくならない。
家のスペースの問題でモノを動かさざるを得ないなら、その後に元の場所に戻すことを心掛けるしかない。
大抵の場合、戻せないからなくなるのだが・・・。
それでも、出し入れがしやすい場所に配置したり、動かして使う場所を決めておくことで、使った後に戻さないことを防ぐことができる。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です