なぜ電話で相手の名前を聞き返すのか?

電話をかけた時、違う人が出てきた場合、名前と要件を伝えて、本命の相手に取り次いでもらうことになる。
その時に、相手から名前を名乗ったにも関わらず、再度確認される人が多いのではないだろうか?
それは、なぜか?
それは、相手が、電話に出た時に何をすればよいのかわかってないためだ。

相手は、何をすればよいかわかってないので、何をしなければならないか考えている。
だから、こちらの声を音として聞き取ることはできても、相手は何をすべきか考えている最中であり、名乗った名前もノイズとして破棄されてしまう。
その後、こちらが話したい人の名前を挙げることで、相手は何をすればよいか理解する。
知ってる人の名前が出てくることで、自分に用はないのだと理解する。
そして、自分のやることは電話を取り次ぐことだと理解する。
その段階で、初めて電話をかけてきた相手の名前を知らなければならないと気がつき、名前を聞く準備ができる。
大抵の人はここに到達するまでに相手の名前を忘れている。
そして、再度聞きなおすことになる。
これが名前を聞きなおすことになるまでの頭の中の動きの一具体例だ。

いま、僕がいる会社は大量に電話がかかってくる。電話番というわけではないが、電話を取りまくっている。
そして、取り次ぐ。
転職した当初は、かかってきた電話の回数と同じ回数くらい相手の名前を聞き直しまくっていた。
だけど、嫌だった。
時間の無駄だし、聞いてないと思われるのも癪だし、どうにかしたいと思った。
そこで、なぜ、聞きなおすことになるのか考えた。
自分の頭の中の動きを振り返った。そして得られた結果が上記だ。
電話に出た時に、何をしたらいいのかわかってないなら、何をするかあらかじめ決めておけばいい。
電話に出た時、最初に相手はほぼ確実に名前を名乗る。
だったら、最初にやることは、決まっている。
最初に耳に入ってくる音はほぼ確実に名前だから、名前だと思って聞けばいい。
あとは定着するまで意識するだけだ。
その結果、今は相手の名前を聞き返す事はほとんどなくなった。

育児記録———————————————————————————————————
・子供が最近よく喋るようになってきた。まだ舌足らずだが。
「あし」「て」「あっち」「あんまん(アンパンマン)」などなど
・辛いものを食べさせると、泣く。唐辛子のついたピザ、辛めのカレーなどで泣いた。

カテゴリー: 経営 パーマリンク