付記試験勉強6-無権代理-

付記試験まで2ヶ月を切りましたが、一向に合格する自信が湧いてきません。
無権代理の勉強をしました。
無権代理とは、自分が認められた代理権の範囲を超えて、代理で契約をしてしまうことです。
無権代理行為が行われた場合、どうなるかというと、原則として効力は生じません。
そうしないと、何のための代理人制度があるのかわからなくなってしまうからです。

しかし、例外が2つあります。
1つは、本人による追認が行われたこと。
追認とは、無権代理人や相手方に対して、無権代理人がやった契約について効力を所持させますよ!という、本人による意思表示です。
本人が納得していれば、まあいいかって感じ。

2つ目は、表見代理が成立すること。
表見代理とは、相手方に、本人と無権代理人との間に代理権の存在を信じさせる外観を有する事情が認められる場合、本人に対して無権代理行為の効力を生じさせる制度です。
代理権があると信用して、取引を行った相手方が、無権代理で無効ですって話になったら、かわいそうだから、ということが趣旨です。

知財の場合だと、代理人には、通常実施権の許諾しか認められていないにも関わらず、専用実施権の設定を行った場合などが挙げられます。
この時、本人(代理人の依頼者等)が、追認すれば、専用実施権の効力は生じるようになります。
だけど、追認しない場合もあります。
追認しない場合、効力は発生しません。
したがって、専用実施権の設定を受けた相手方は、不利益を受けるわけです。
このような状況における相手方を保護するため、表見代理の制度があります。

————————————————————
8/19日記
能力担保研修最後の講義。
短い時間に色々と詰め込みすぎの研修でした。研修で学ぶ知識より、講師が直面した実務上の問題や訴訟に勝つための戦略を聞いてる方が勉強になったように思う。あとは試験対策ゼミが2回。
機関車トーマスの映画を二本見た。
それぞれ、スティーブンとヒロが出てくる映画だ。
蒸気機関ができる前の鉄道は、馬が引いてたらしい。

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 パーマリンク