付記試験勉強7-時効-

時効を勉強しました。
時効というものは、何をやったかで時効までの期間が異なります。
知財に関する問題の場合、いわゆる不法行為に該当しますので、三年が時効です。
趣旨をザクっと言ってしまうと、今まで安定して維持されてきた法的関係の維持と、権利の上に眠る者は保護しない。です。
教本には書いてなかったですが、これも外観法理の一つのように思います。

とはいえ、不法行為に関する時効がカウント開始される期間には、始期があります。
なぜなら、何らかのアクション(例えば訴訟)を起こそうと思っても、相手がわからないと起こしようがありませんし、損害内容がわからない場合も同様です。
なので、時効のカウントは、相手と損害内容が分かってから開始されます。
この時効のカウントは、特定の条件を満たせば、中断されます。
中断されると、カウントがリセットされます。

————————-
8/21日記
最近、寝つきが悪すぎる。軽いストレッチを寝る前にやると、多少寝つきが良くなることを発見した。
子供がシールの上にシールを何重にも重ねて貼ってた。しかもそれを剥げと言ってくる。無理だよ。

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 パーマリンク