付記試験の勉強15-H28午前過去問-

H28年の特許に関する起案問題を解きました。
訴状と準備書面を書く問題で、相手の104条の3の抗弁に対する訂正の再抗弁の問題です。
これも、先使用権と同様に弁理士試験(論文)では必須論点です。
これだけ、論点が被ると、弁理士試験から間を空けずに受験した方が良いという話がわかる気がします。

なんと空欄が8個ありました。多いです。
空欄1について
原告の言い分を読み、請求の趣旨を丸々書かせる問題でした。
基本問題なので、これは解けました。
「訴訟費用は被告の負担とする」は、一瞬忘れてましたが。。。

空欄2について
特許法102条2項による損害額の推定の問題。
損害額だけ算定していれば良いのかと思っていたけれど、
侵害行為により、具体的にどんな損害が発生しているかを記載する必要があったみたい。

空欄3について
相手方が出してきた答弁書にて記載された非充足論に対する反論。
頻出論点ですが、相変わらずヘタレです。
H27の問題を解いた時には、充足論を論じるには、クレーム解釈が必要であると理解しました。
そのクレーム解釈は、発明が解決した課題と、その手段、その手段による作用を使って、クレームを解釈するようです。
こんな経緯があって、この方法で解決したんだから、クレームはこのように解釈するのが妥当だ!って感じでしょうか。
弁理士なんだから、この辺がきちんとできるようにならないと恥ずかしく思います。
かつて、侵害案件を担当した経験もあって、このクレーム解釈が弁護士よりも上手にできないと、弁護士と一緒に訴訟するなんて無理だとも思います。
だから毎回のように、この論点が出題されるんでしょうね。

空欄4−6について
訂正の再抗弁の要件と、クレームの訂正。
この辺は問題ない。

空欄7について
訂正したクレームが訂正要件を満たしていることの当てはめ。
弁理士試験対策で飽きるほどやった。単調で時間ばかりかかるから好きではなかった。
でも、付記試験では出題されて嬉しい。なぜなら、自信を持って解けるからだ。

空欄8について
訂正後のクレームと被告製品との対比。
訂正の再抗弁の第4要件の当てはめなんだけど、難しく考えすぎて、失敗。
クレーム解釈しようと二十分くらい悩んだ。
模範解答では、普通に文言を比較してるだけだった。。。

特許では、メジャーだけどいろんな判例が出ているなぁという実感を持っています。
過去問で問われたもの以外でも、少し抑えておいた方が良いかもしれません。
見かけてないのは、インクタンクとリパーゼ事件かな。
この辺は予習しておいた方が良いかもしれません。

———————————————————
9/19日記
ちょっと前からNintendoswitchのオクトパストラベラーの体験版オルベリク編をやってました。
1時間ちょいでクリアしました。
付記試験終わったら、プリムロゼ編をやる気です。

カテゴリー: 弁理士試験, 特許法 パーマリンク