トラベラーズノートを1年使って気づいた欠点

一年間、トラベラーズノートのパスポートサイズを使ってきた。
長く使おうと思っていたけれど、欠点が目立ってきたので1年で使うのを終わりにする。
トラベラーズノートとは、トラベラーズカンパニーという会社が製造・販売しているシステム手帳だ。

デザインがかっこいいのとカスタム性が高いので使って見たが、僕には合わなかった。

欠点は三つあった。
1
いちいちゴムを解くのがめんどくさい。
閉じた状態がこれだ。

記載する都度、確認する都度、いちいちゴムを外すのがめんどくさい。
ゴムを取れば解決する問題だが、今度はペンが落ちやすくなる。
ペンはこんな風に粗雑に留めている。ノートも痛むし、嫌だ。

2
ゴムが邪魔だ。
トラベラーズノートは、バインダーがないため、ゴムでノートを固定しなければならない。

したがって、ゴムの影響を受け、書きにくくなったりする。
また、ゴムの張力で紙が破れたりすることもある。

3
パーツが高い。色々な
カスタム用パーツが販売されているのだが、それぞれカスタムするパーツが高い。
例えば、上述のペンを収めるペンホルダーは900円する。
結局、無地のノートを1冊買っただけで終わってしまった。

という感じで、意外に細かいところが気になってしまった。
来年は、この辺りを留意して別の手帳を使う予定。

———————————
2017年11月26日日記
終日自宅。
資産運用と英語の勉強した。

カテゴリー: 日記 パーマリンク