個人型確定拠出年金の拠出可能金額について

個人型確定拠出年金は、年金であるため当事者が加入している年金制度に応じて、掛けられる金額が変わってきます。
個人型確定拠出年金は、大抵の人は加入できますが、唯一加入できない人がいます。
それが、企業型確定拠出年金加入者のうち、さらにマッチング拠出制度を採用している会社に勤めている人です。
この点は、こちらの記事で触れました。
確定拠出年金には、個人型及び企業型の2種類がある

では、それ以外の人について、どれくらい確定拠出年金に掛けられるのかを説明していきます。
掛金は、国民年金の何号被保険者であるか、公的年金以外の年金制度の加入状況に応じて、変わってきます。

①国民年金第1号被保険者
代表的な方が、自営業者です。
掛金は月額68000円です。最も高い金額です。
自営業者は、国民年金しか加入しておらず、他の被保険者と比べて年金が少ないことが主な理由のようです。
もちろん、全額所得控除の対象となります。

②国民年金第2号被保険者(企業型確定拠出年金加入者のうち、マッチング拠出がない人)
代表的な方は会社員です。
掛金は月額20000円です。
最近まで企業型確定拠出年金加入者は加入できなかったのですが、法改正で加入可能になりました。

③国民年金第2号被保険者(企業年金のある人)
掛金は月額12000円です。
ちょっと少なめです。公的年金と企業年金に加えて、さらに確定拠出年金までやるのは、貰いすぎということでしょうか。

④国民年金第2号被保険者(企業年金のない人)
掛金は月額23000円です。
企業型確定拠出年金も企業年金もない人なので、少し高めに設定されているようです。

⑤国民年金第2号被保険者(公務員)
掛金は月額12000円です。
ちょっと少なめで、企業年金のある人と同額です。公務員の公的年金は、かつて共済年金という年金制度があったそうですが、いまは厚生年金に統合されているそうです。公務員は、企業年金はないと思います。しかし、企業年金がある人と同様の掛金ということは、厚生年金とはまた別の年金制度があるのでしょうか・・・。

⑥国民年金第3号被保険者
代表的な方は専業主婦です。
掛金は23000円です。少し高めの金額です。このカテゴリに属する人は、老齢基礎年金がもらえる方で。おそらく、老齢基礎年金は、ほかのカテゴリに属する方よりももらえる年金額が少ないため、高めの金額になっているものと考えられます。

この月額から12倍した年額費用が所得控除となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月2日日記
弁理士試験同期合格者の自宅で飲み。
久々にウイスキーを飲みました。また、持参したリキュールを使ってカクテルを作りました。

カテゴリー: 資産運用 パーマリンク