ジェネリック医薬品はどれほど安いのか?

結論を言えば、110円安かった。
先発医薬品は650円。
ジェネリック医薬品は540円。
17%OFFだ。
この数値が高いのか・低いのか、正直よくわからない。

僕は耳掃除が好きだ。
毎日やっていた。
だけど、耳掃除のやりすぎで耳が痛くなってしまった。
なので、耳鼻科に行ってきた。

耳鼻科で処方された薬は、2つの点耳薬だった。
いずれも耳に直接入れる液体だ。
医者からは、いわゆる先発薬品が処方された。
先発薬品とは、特許権で保護されている薬だ。しかし、特許権の保護期間は出願から最長20年。
医薬品の場合は、最大で出願から25年保護される。
保護期間が満了すると、特許権で保護されなくなる。すなわち、誰でも薬を作って販売できるようになるのだ。
こうして、特許権の保護期間が満了した後に作られた医薬品であって、先発薬品と同等の成分を有する薬をジェネリック医薬品という。
医者曰く、ジェネリック医薬品を勧められるかもしれないけど、どっちでもいい。とのこと。

薬局に行くと、ジェネリック医薬品もあるよと紹介された。
特にこだわりはなかったので、ジェネリック医薬品にしてもらった。
多分、人生初のジェネリック医薬品だ。
支払は540円だった。
だけど、これを先発薬品にした場合、どれくらい違うのだろう?
疑問に思ったので、店員に聞いてみたところ、650円という回答が返ってきた。

先発医薬品とジェネリック医薬品との差額は110円。
だいたい、17%OFFだ。
この17%OFFが、標準的なものなのかはよくわからない。
だけど、高額な医薬品の場合、ジェネリック医薬品に変更することでかなりの節約効果がありそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月9日日記
保育園のクリスマス会がありました。
子供は泣いてばかりで何もできませんでした。。。
ただ、プレゼント(クレヨン)だけはしっかり貰ってました。
その後は耳鼻科に行きました。

カテゴリー: 特許法 パーマリンク