2017年の10大ニュース

1年を振り返り、自分のニュースを10個ピックアップしてみた。
とくに順位付けはしてません(思いついた順)。
ちなみに2016年はこれ

①付記試験に落ちた
一年間頑張って勉強しましたが、不合格という残念な結果に終わりました。
この勉強に大きな時間を使ったため、2017年の10大やることのうち、ほとんどが未達に終わってしまったのは大きな反省点です。
これがきっかけで来年以降は、お金だけではなく時間も分散させて、大敗しないことを目標に活動することに決めました。

②資産運用をはじめた
確定拠出年金制度を十分に活用しようと思ったことがきっかけです。
勉強を初めて1~2か月程度ですが、いままで貯蓄型で貯めてきた運用益よりも、1か月間、株式でに変更することで得られた運用益のほうが大きかったです。
残り約25年、少しずつ増やしていきます。

③仮想通貨と出会う
仮想通貨について、最初は、ふーんという感じでした。
日本円だけで取引をしていると、実感がわかないと思います。
だけど、FinTechの勉強や、上記の資産運用の勉強、価格の上昇状況を見ていると、ふーんという感じで流していてはいけない。と感じるようになりました。
仮想通貨は、仮想通貨を実現させるブロックチェーンは、世の中の枠組みを変えると言われていますが、勉強すればするほどそう思います。
例えば、仮想世界では国が発行した通貨よりも仮想通貨が使われるようになるかもしれません。
クラウドファンディングは、自分で発行した通貨で行うとかもできるかもしれません。
お金としての役割ではなく、イベントのチケット的な役割を果たすかもしれません。
いまは投機で遊んでる人が多いし、それを馬鹿にしてる人も多いですが、その可能性に気づいている人たちはいろいろなサービスを考え始めています。
気が付いた時には世の中は変わってしまっていた。そんな現代の浦島太郎になるのは勘弁です。

④セミナーをやった
4月16日に商標のセミナーを行いました。人生では2回目のセミナーです。
このセミナーというのは僕にとっての新規事業の1つです。
会社の経営では一般的な考え方ですが、既存事業が順調なうちに、新規事業を始めていく必要があります。
どんな既存事業でも、始まったら衰退していくからです。
そのため、会社が存続するためには、リストラか、新規事業を始めなければなりません。
そして、これは会社だけではなく個人にも当てはまると考えています。
多くの個人の場合、既存事業とは、勤務先の仕事です。
新規事業とは、勤務先とは違う仕事です。副業として勤める会社でもよいし、個人でやる仕事でもよいです。
新規事業で得られるものは、必ずしもお金でなくてもよいです。技能でもよいし、信用であってもよいでしょう。
勤務先の仕事がなくなったときに、困らないように何かを蓄積しておく。それが個人の新規事業です。
セミナーは、無料で行ったためお金にはなりませんでしたが、技能・信用を蓄積するための手段として有効に働いたように思います。
実際に、セミナーをやったの知っている。みたいなお話を初対面の方からいまだに頂いたりします。

⑤引っ越した
子供の保育園入所に合わせて引っ越しました。
引越し先の家は、すこし煩いところです。
最初の1~2週間は本当に嫌でしたが、どういうわけか慣れてきました。
人間の環境への適応性というのは凄いものを感じました。
長く居そうな気はしますが、やっぱり5~6年くらいで引っ越してしまうような気もします。
僕の人生は大体それくらいのスパンで引っ越し続けているので・・・。

⑥料理を始めた
まじめに料理をやり始めました。土日の昼夜はよく作っています。
わからないことは嫁に聞きつつ作ります。
まじめに料理をやり始める前は、めんどくさいときは、外食で済ませたりしていたのですが、
ある程度料理をやりなれてくると、外食に行くのがめんどくさくなるという変化がありました。
もちろん、外食はやるのですが、頻度は減ってきました。
お勧めです。

⑦ゲームを始めた
ニンテンドースイッチを発売日に買いました。
ゲームは物心ついたときからやっていましたが、テレビゲーム機は、ゲームキューブを最後にやっていませんでした。
(ゲームキューブすら時間がなくてほとんど触ってなかった)
昨年、遊技機の仕事に携わったことがきっかけです。遊技機業界の人は、遊技機をやっている人に仕事を依頼したいそうです。
僕自身は、ゲーム系の特許の仕事は積極的にとっていきたいと考えているので、この先、ゲームをやってないと話にならないと考えました。
ということで、遊びと仕事のために、ニンテンドースイッチを買いました。
いまはスプラトゥーン2をitbiztakeの名前でやってます。

⑧NTT研究所に行った
NTTの武蔵野にある研究所に行きました。
NTTは電話会社と思われている方は多いと思いますが、たぶん、世界最大級の研究機関の1つだと思います。
その研究分野の幅広さは、IoT等の情報通信に限られません。
FinTechもやっているし、人工知能もやっているし、ドローンも、ARもやっている。
とくにインパクトあったのは、阪大の石黒浩先生の講演。マツコロイドを作った人です。
講演の中身の面白さは当然として、世界一流の専門家の責務、使命、どんなことを考えながら仕事をしているのか?という点を学ばせてもらいました。

⑨前職の報酬を超えた
今年、前職の報酬(年額)を超えました。
手帳を振り返ると、仕事の予定ばかり入っていて、前職の何倍も忙しかった。
いまは技能を習得する期間だと捉えています。それは仕事を遂行する技能だけではなくて、同業の知り合いを作ったりとか。
弁理士は、とくに特許については人によって得意分野が異なるので、幅広く知り合いを作っておくことは幅広く仕事をする機会に恵まれることになります。
僕個人に限れば、特に化学系に強い弁理士の知り合いを作っておくのは、これから先重要なことだと思っています。
逆に言えば、化学系の弁理士は電気があまり得意ではないはずなので、電気といえば僕みたいな印象を与えられるように技能を磨いておく必要はあるのですがね。

⑩子供が保育園に入所した
子供が保育園に入りました。
最初は泣きまくっていましたが、今はそういう所だと割り切って、通っているようです。
迎えに行くと嬉しそうにしています。
保育園では、あまり年齢の違いは気にせずに保育されているようです。まあ0歳児は違うようですが・・・。
小学校に行くと、年齢の違う子供と接する機会が圧倒的に減ってしまうため、いまのうちに年齢の違う子供と遊んでいてもらいたいですね。
服を自分で着ようとしたり、カメラを向けるとポーズをとってみたり、少しずつ成長してきたように思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月30日日記
家の納会という名目で、たまの贅沢。
赤坂にある初穂という天ぷら屋さんに行きました。
日本酒の黒龍が色々とおいてありました。
特に、大吟醸と、しずくがありました。
しずくは高すぎたので、大吟醸を飲みました。
ものすごくおいしかった。
帰りはUberを使おうと思ったのですが、近くに車がいなかったので、普通のタクシーで帰りました。
タクシーからの景色は綺麗だったし、すごく楽だった。

カテゴリー: 日記 パーマリンク