盗用禁止の文書を作るビジネス(#10)

事業によっては、盗用が容易な事業がある。
写真や文章等の創作物は、コピペという行為で簡単に複製できてしまう。
コピペは簡単でも、コピペ元の写真や文章を創作する行為は結構大変だ。
だから、事業者は盗用禁止等の文書をWebサイトに掲載している。
この文書の作成は、弁護士や弁理士にとって、ちょっとしたお仕事になるんじゃないだろうか?

もちろん、ある程度は盗用を技術的に回避することも可能だ。
コピペを禁止したければ、例えば右クリック禁止のサイトを作ればいい。
印刷したときに真っ白で印刷されるように作りこむことも可能だ。
印刷時に本文を真っ白にする方法

でも、どんなWebサイトにも共通して盗用禁止の文書は作成されていることが多い。
盗用禁止の文書は、世の中にはありふれているから、それこそコピペすれば簡単に作ることができる。
だけど、ある時見かけた盗用禁止の文書は、言葉を間違えていた。
自分が主張したい権利の名前を間違えていたんだ。
そんな権利は、今時点で世の中に存在しない。
盗用禁止の意図は通じるけれど、事業者として少し恥ずかしいのではないだろうか。

ここで気が付いた。
盗用禁止の文書作成には苦労されてる人が多いんじゃないか?
盗用禁止の文書を作るのに、他人の文書を盗用するって変じゃね?的な思いがあるのかもしれない。
だから、盗用を減らしたり、盗用した相手に対して、強気に出られるような盗用禁止の文書は、売れるんじゃないだろうか。
弁護士や弁理士のように知的財産法を扱う人たちにとって、これはちょっとしたビジネスチャンスに繋がる可能性がある。
また、日本語に限らず、英語や中国語などの他国の言語で作成するのは、さらにニーズがあるはず。
さらに、盗用禁止の文章は、ある意味契約書に近い特徴をもつはずなので、これをきっかけにして契約書作成に事業を広げることも可能なのではないか。

----------------
2018年1月20日日記
子供とプラレールで遊んだあと、モスバーガーで食事。
期間限定の薫るベーコン&クリーミーポテトのハンバーガーが美味しくてボリューム満点だった。
これとドリンクだけで良いくらい。
その後は、家族で新宿へ。
子供の新しい靴と、自分の釣り用の帽子を買いました。

カテゴリー: ビジネスモデル パーマリンク