ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23)

前回の記事「飛行する魔人に打つ手なしラ・ハウゼル戦」では、ハウゼルに1のダメージも与えることができなかった。
これでこのクエストでのハウゼル戦は終わりで、次はシルキィ戦に移るかと思ったが、違った。
まだハウゼル戦は続くようだ。

ハウゼル戦の準備のためにハイパービルへ移動。
ハイパービルは、ランス3以来だ。懐かしい。
仮面ライダーそっくりなバグと戦ったりした。
バグがこんなに多様性に富んでいたとは。

そして、ハイパービルの後は2度目のハウゼル戦へ。
準備が功を奏してまんまと誘い出されたハウゼル。
2回目の戦いは洞窟の中での戦いだ。
もしかしたらハウゼルは飛べないかもしれないという期待が持てる。
だけどちょっとくらいは飛べるかもしれない。
もしも飛べたら困るから、飛行の解除を試せるように、クレインをメンバーに加えておく。

左から順に
シーラ →ヒーリング
クレイン→側面の無力化(飛行解除を試す)
ランス →攻撃、無敵結果解除
リック →攻撃
香姫  →毒団子

しかし、ハウゼルは今回の戦いは洞窟の中だから飛行することもできず、かつ炎魔法も使うことができない状態で戦うことになった。

こんな敵が使ってくるような作戦を、敵に使ってしまう戦士。これが主人公ランスの魅力だ。
何はともあれ今度はダメージが通る。ダメージが通るなら勝てる。
というか負けたらゲームオーバーみたいだから、絶対倒さないといけない。

ハウゼルは、ハウゼル体質という特殊能力をもっており、炎属性の攻撃が効かなかった。
メンバーにいるリックは攻撃の主軸であるが、炎属性だ。
なので、ハウゼルには攻撃が通用しなかった。
あのリックがハウゼル戦ではほとんど役に立たない存在に・・・。
入れ替え後は、シーラ、リック、クレインを下げて、アールコート、シィル、イージスを登場。

2回目のハウゼル戦は、ランスの卑怯な作戦のおかげで余裕で撃破。
しかし、撃破後に罠があった。
僕は、選択肢を誤った。
選択の結果、ハウゼルは、ランスの卑怯な作戦にキレてしまい全て燃やし尽くしてしまったのだ。
要はゲームオーバーである。

ちなみに、選択肢直前でロードできるので、今度はもう一方を選択。
この場合、ハウゼルはキレることもなく、無事に仲間にできた!
今は戦えないキャラみたいだけど、ともかく感無量。

Turn2はこれで終わり。
月曜からまた仕事です。
弁理士はこの時期が繁忙期ということもあり、次の週末までまともにできそうもありません。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年3月3日日記
日中は仕事して、夜はランス10をプレイ。
拒絶理由通知に対する反論を考えていたんだけど、進歩性が見いだせない。。。
結局、この日のうちに反論を考えることは断念して、明細書を書いてました。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 パーマリンク