ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26)

ランス10をプレイしています。
Turn3まで進めました。
前回プレイ記録
ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23)

以下、ネタバレ注意です。
準備フェイズでは、ヘルマンを支援。
途中でエレノアをゲット。

エレノアはシリーズを通して一番好きなキャラクターなので、非常にうれしい。
前回のプレイでは、支援した地域のキャラクターがゲットできるものかと思ってしまいましたが、支援した地域に限定されない模様。

作戦フェイズ
ゼスのガルティア戦を選択。
ゼスを攻めている魔人は、メディウサとガルティア。
初回ではガルティアと戦うようだ。

ガルティア。
鬼畜王ランスでは、いつも腹を空かせている空腹の魔人。
人類圏に攻めてきた時も、侵略した街の食い物を漁る魔人だった。
人間界を侵略することに興味を持たず、とにかく食べてばかりだった。
鬼畜王ランスのガルティアは、美味しいもの食わせることを条件に、仲間にすることができる魔人だった。
だから、ランス10でも仲間にすることができるかもしれない。
そんな期待をもって、ガルティアを選択した。

ガルティアは、空腹の魔人という設定は変わっていないようだ。
だけど、食に対するスタンスが全然違っていた。
鬼畜王ランスのガルティアは、人間界に攻めてきて、そこで初めて人間界の食べ物を知って感動する感じだった。
だけど、ランス10のガルティアは違った。
最初から美食家だった。
食に対して一切の妥協をしない性格。そして、人間を殺すことになんの躊躇もない性格。

残念だけど、今作では仲間になりそうにない。直感的にそう思った。

ガルティアとの最初の戦いは早食いだった(3ターン制限)。
仲間のスキルが「食べる」に変わっていて、カロリアだけ「大食い」になっていた。
「食べる」よりも「大食い」のほうが強そうだから、ほかに大食いスキルをもってるキャラクターを探したんだけど、カロリア(左から2番目)しかいなかった。

まあ、無理だった。でも、「大食い」のほうが大きなダメージを与えられることが分かった。
ランスシリーズの大食いキャラって誰だろ?

負けた後は、翌日もう一回大食いバトルするのかと思ったけど、違った。
ランスがガルティアを怒らせてしまったんだ。
そしたらガルティアの腹の中に吸い込まれてしまった。
ガルティアの腹の中は、移動するとHPが減ることがある。
マップ中のHP減少で死ぬことはない。HPが1になると、ダメージが0になる。

そして、腹から戻ってきて第2戦。
ガルティアは、香姫のだんごが好きらしい。
香姫をくれと、今度は剣で戦うことに。

左から順に
イージス →攻撃
香姫   →だんご(行動を無効化)
ランス  →攻撃、無敵結果解除
リック  →攻撃
シィル  →ヒーリング

ガルティアは毒に対する耐性があるため、香姫のだんごは通用しないと思い、外そうと思ったのだが、
ランスが、だんごを与えればガルティアはだんごに気を取られるはず。みたいなことを言うので、入れてみた。
指定されたタイミングで団子を与えると、確かに相手の行動を抑制できるので、かなり有利に働く。
ちなみに、ガルティアのHPは50万。
ガルティアの攻撃は1000程度のダメージ。
しかし、3倍攻撃を高い頻度でやってきたり、ある程度ダメージを与えると使徒を呼び出してくる。
ただ、団子で無力化できることもあるため、比較的楽に倒すことができた。
腹の中で出会ったガルティアの使徒のほうが厄介だった。。。

撃破した後、ガルティアは魔血魂に。
鬼畜王ではいつも仲間にしていた魔人だけあって、魔血魂になった姿を見るといたたまれなくなってしまう。

Turn3はこれでクリア。
週1でTurn1くらいしか進まないので、このペースで行くと、初回プレイの攻略はゴールデンウィーク頃になりそうだ。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 パーマリンク