その他法律」カテゴリーアーカイブ

付記試験の勉強13-判決-

裁判所が下す判断には、判決と決定の二つがあります。 このうち、判決は、訴訟についての終局的または中間的な判断です。 判決にはいくつか種類があり、最終的な審判を行う終局判決と整理のために問題を事前に解決しておく中間判決とが … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験の勉強13-判決- はコメントを受け付けていません。

付記試験の勉強11-管轄-

管轄というのは、裁判所間の事件の分担の定めです。 例えば、訴額が140万円未満であれば簡易裁判所。それ以外ならば地方裁判所。などのように。 知財訴訟では、だけど、簡易裁判所というのは聞いたことがありません。もともと金額が … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験の勉強11-管轄- はコメントを受け付けていません。

付記試験勉強7-時効-

時効を勉強しました。 時効というものは、何をやったかで時効までの期間が異なります。 知財に関する問題の場合、いわゆる不法行為に該当しますので、三年が時効です。 趣旨をザクっと言ってしまうと、今まで安定して維持されてきた法 … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験勉強7-時効- はコメントを受け付けていません。

付記試験勉強6-無権代理-

付記試験まで2ヶ月を切りましたが、一向に合格する自信が湧いてきません。 無権代理の勉強をしました。 無権代理とは、自分が認められた代理権の範囲を超えて、代理で契約をしてしまうことです。 無権代理行為が行われた場合、どうな … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験勉強6-無権代理- はコメントを受け付けていません。

付記試験勉強4-虚偽表示-

民法では、外観法理と呼ばれる理論が存在するように、外の人からどう見えるか?ということを重要視しているように感じられる。 あまり知財とは関係ない分野だが、知人の社労士が紹介していた不動産の所有権の時効取得なんてものは外観法 … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験勉強4-虚偽表示- はコメントを受け付けていません。

付記試験勉強3-信義誠実の原則-

知的財産権法では、一条が法目的が規定されている。 例えば、特許法では、「この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする。」と規定されている。 そして、特許法に関す … 続きを読む

カテゴリー: その他法律, 弁理士試験 | 付記試験勉強3-信義誠実の原則- はコメントを受け付けていません。

強制執行の三態様

く訴訟で、判決を得た後、その判決に従って、債務を履行してもらう必要があります。しかし、きちんと履行してくれない場合もあります。 例えば、やめなさい。という判決が出たにも関わらず、やめてくれない場合です。 こうした状況にお … 続きを読む

カテゴリー: その他法律 | コメントする