文章術」カテゴリーアーカイブ

わかりやすい文章の書き方〜表記揺れは厳禁

表記揺れとは、1つのことを複数種類の言葉で記載することだ。 例えば、以下のような文だ。 近所のスーパーでは、キャベツの価格が200円である。それに対して、近所の八百屋では、キャベツの値段は180円である。 この文章に見ら … 続きを読む

カテゴリー: 文章術 | コメントする

わかりやすい文章の書き方〜1つずつ説明する

わかりやすい文章を書くためには、一文の中に複数の新しいことを書くことは好ましくない。 これはライティングのセミナーで習ったことだ。 これを説明する上で、セミナーでは「ももたろう」が題材として用いられた。 通常、ももたろう … 続きを読む

カテゴリー: 文章術 | コメントする

わかりやすい文章の書き方〜言葉の修飾

文章の書き方にはルールがある。 このルールは、ほとんど学校では教えられていない。 僕自身もセミナーを受講したり、本を読んだり、実際に書いたりする事で身につけていった。 文章が分かりにくくなる原因の一つは、修飾の仕方だ。 … 続きを読む

カテゴリー: 文章術 | コメントする

ヒントは掛算!人を惹きつけるブログタイトルのつけ方

身近なことと前代未聞なことを組み合わせることで、人は惹きつけられる。 実は、昨日作成した記事はすごくアクセスされた。 カメライターのかさこ氏により、SNS上でシェアされたことが大きい。ありがとう。 実は、前にも彼に記事を … 続きを読む

カテゴリー: 文章術 | コメントする

文章を書く上で主語が大切な理由

文章を書くとき、僕は主語を意識して書いています。 主語が抜けた文章は、人によって解釈が変わります。 例えば・・・ ①私はパンを食べます。 ②パンを食べます。 ①は、誰がパンを食べるのか明確です。 だけど、②は、誰がパンを … 続きを読む

カテゴリー: 文章術 | コメントする