書評」カテゴリーアーカイブ

「県民性漫画うちのトコでは」は人と話をするときのネタになる

日本の47都道府県を擬人化した、うちのトコではという四コマ漫画がある。 ある題材に対して、擬人化したキャラクター同士を衝突させて、各地の違いを露見させる漫画だ。 それくらいの漫画と言ってしまえばそれまでなのだが、何気によ … 続きを読む

カテゴリー: 書評 | 「県民性漫画うちのトコでは」は人と話をするときのネタになる はコメントを受け付けていません。

人を動かすを読んだ

デールカーネギーの人を動かすを読んだ。 https://www.amazon.co.jp/人を動かす-文庫版-D-カーネギー/dp/442210098X/ref=pd_lpo_sbs_14_t_0?_encoding=U … 続きを読む

カテゴリー: 書評 | コメントする

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

タイトルの本を読んだ。 大学生になる息子に対して、その父親が送った本という設定だ。 本と言っても、その父親が書いたものだ。 本書では、いわゆる日本人が抱える常識というものを5つ定義している。 そして、その5つの常識を抱え … 続きを読む

カテゴリー: 書評 | コメントする

すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~

タイトルの本を読んだ。 相変わらず中立的な立場からものを見て、意見を言ってるから、すごく面白いし、役に立つ。 ホリエモンの主張は一貫している。 日本の学校教育が、好きなことをする邪魔している。である。 僕自身は、この主義 … 続きを読む

カテゴリー: 書評 | コメントする

ラジオを聞いてブログ書くのもいいんじゃないか

フリーズする脳という本を読みました。 言葉の反応力というか、言われたことに対して素早く返せるようになりたいなぁと思って。 結果はあまり変わった気はしません。 フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる-生活人新書-築山- … 続きを読む

カテゴリー: 書評 | コメントする