特許法」カテゴリーアーカイブ

2017年弁理士短答式試験解説 特許法第2問

特許法の2問目は29条の2でした。 29条の2は、図に書いて、日付の前後関係を見極めながら丁寧に解くことが必要です。 長文が多いですが、機械的に解けることも多いのだ、過去問題で慣れておきましょう。 試験問題及び解答は特許 … 続きを読む

カテゴリー: 弁理士試験, 特許法 | 2017年弁理士短答式試験解説 特許法第2問 はコメントを受け付けていません。

2017年弁理士短答式試験解説 特許法第1問

先月行われた弁理士短答式試験の解説をやっていきます。 週に最低1回、全60問を最大1年かけて解説していく予定です。 趣旨は、自身の法知識の整理・補充です。 ちなみに考え方は自己流であり、必ずしも模範的な解説とは限りません … 続きを読む

カテゴリー: 弁理士試験, 特許法 | コメントする

調査という仕事

弁理士には調査という仕事があります。 クライアントが考えた発明が、すでに先行技術として存在しているかいなかを調べる仕事です。 よくあるケースとして、出願しても大丈夫か否かを調べてほしいという趣旨で調査の話を頂く場合があり … 続きを読む

カテゴリー: 特許法 | コメントする

特許調査を初めてやった

特許調査をやった。 と言っても、調査専門の弁理士が請け負うような、しっかりしたものではない。 今回の調査の目的は、特許請求の範囲の内容の検討であった。 似たような発明を回避するように、特許請求の範囲の記載を考えるわけだ。 … 続きを読む

カテゴリー: 特許法 | コメントする

均等論が重要なものであると認識した

特定侵害訴訟代理付記試験に向けて、勉強をしています。 と言うか、受験資格を得るための研修の宿題をやっています。 宿題の中に、「訴状を書く」と言うものがあります。 訴状とは、裁判を起こすために裁判所に提出する書類です。 特 … 続きを読む

カテゴリー: 弁理士試験, 特許法 | コメントする

34条補正に初めて会った時の話

日本国特許庁を受理官庁として国際出願を行なった案件を中途で引き受けた。 その出願は、すでに34条補正がされており、さらに日本に国内移行されていて審査が開始されていた。 僕が引き受けたのは、その審査における拒絶理由通知から … 続きを読む

カテゴリー: 特許法 | コメントする

特許権のクロスライセンスについて考えてみた

Amazonがドローンや地下を使った、モノの輸送方法に関する特許を取得している。 これに対して、Googleは人工衛星を使い、ネットワークを構築する特許を出願している。 AmazonやGoogleが取得しようとしている特 … 続きを読む

カテゴリー: 特許法 | コメントする