シーシャを体験した記録(#30)

シーシャを体験してきました。
シーシャは、たばこの一種。
タバコを加熱して発生した煙を吸う点は、日本で普及している紙タバコと同じです。
だけど、シーシャでは、タバコに直接火をつけるのではなくて、熱で蒸らします。
蒸らすことで生じた煙を、一回水にくぐらせて、吸います。
紙タバコが発する嫌なヤニ臭さとか、むせる感じとかそういうものが一切ないです。
むしろ、たばこに香りづけをしているため、香りはさわやかです。

シーシャは、色々なお店で体験することができます。
僕は、秋葉原にあるAKIBAスモーカーズに行きました。

このお店を選んだ理由は、会計がわかりやすかったから。
Webサイトでは、会計方法がこんな感じで紹介されている。
また、店員がメイドさんの格好をしていて、他のお店よりも気軽な感じがしたから。
会計がわかりやすいことと、気軽な感じを与えることは、初心者にとって非常に重要な点だと思います。

店内に入ると、ゴボゴボと水の音がします。
この音は、怪しすぎて最初は驚かされます。
ボトルの中の煙を吸うと、減った分の煙を補充するために、新しい煙を水の中にくぐらせます。
このときの煙が水の中をくぐるときに、ゴボゴボと音を立てます。

最初、フレーバーを選ぶのですが、正直よくわからないです。
だけど、店員さんが選び方を教えてくれます。
好きな果物とかそういう観点で選ぶといいと思います。
僕はホワイトピーチとゲイシャという組み合わせを注文しました。
どちらもピーチ系のフレーバーらしいです。

こんな器具で、緑色の管から吸います。

ちょっと薄暗いけれど、全景。

水出しコーヒーの装置みたいですね。

吸うときは、ゆっくり吸って、吐きます。
吸うとき、煙を吸っている感じや、むせる感じはありません。
それなのに、吐き出すとき、口から煙がでるので不思議な感じです。
吐き出すとき、桃の香りが広がります。
おお、なんかすごい。というのが感想です。

定期的に店員さんが、たばこの蒸し加減を点検してくれます。
蒸らし加減を強くしたり、弱くしたりとか自由です。
店員さんは、気が利く人が多くて、誰か咳込むと、状況を確認してくれます。

ただ、吸いすぎは注意が必要だと思いました。
シーシャは、1回の喫煙時間が1時間を超えます。
香りのよさが手伝って、最初のうちは、お酒を飲んだような感じで、いい気分になります。
だけど、あまり頻繁に、吸って、吐いてを続けると、(多分)酸欠状態になってきます。
酸欠になると、気持ちいいような、気持ち悪いような、よくわからない状態になります。
たくさん吸いたい気持ちは少し抑え気味にしたほうが、気分よく過ごせるように思います。
なお、シーシャは、たばこの仲間なので、20歳未満は喫煙することができません。

お店には、2時間くらいいました。
その間、チャージが500円、コーヒーが400円、シーシャが1300円とそれらの消費税。
合計2300円くらいかかりました。
お店自体は静かで、一人でゆっくりしたい方とかにはいいかもしれません。
テーブルはサイドテーブルがあるくらいなので、書き物をするには不向きです。
読書、タブレット、ノートPC等をするには良いと思います。

AKIBAスモーカーズ
HP
Twitter:@akiba_smokers

カテゴリー: 日記 | シーシャを体験した記録(#30) はコメントを受け付けていません。

2018年10大やること2-3月度実績振り返り(#29)

2017年度が終わりますので、2018年10大やることを振り返りました。
2月、3月は仕事が多かったこともあり、あまり進んでいないです。

①英語力強化 目標:TOEIC 730点
1月に受験した結果は、Listeningは大幅減、Reading微増でした。
Listeningは、触れる機会が圧倒的に少ないのが影響していますね。
Readingは、仕事で内外案件をやっていることもあり、多少は上達しているようです。
次回のTOEICまでにやることは、こちらこちらの記事にまとめています。
少しやることを見直しながらボチボチ進めています。
次は7月に受験を予定しています。

②付記試験合格
通勤時間中に民法を勉強しています。
そろそろ勉強の計画を立てなければならないと感じています。

③報酬 10%UP
特になし。淡々と今の仕事を続けるだけです。

④ブログ150件書く
3月末時点で29件。
このペースであと9か月作成すると116件。
ちょっと遅いペースですが、件数の目標って意味ない気がしてきました。

⑤釣りに行く
そろそろ暖かくなってきたので、近場の釣り場に行こうかなと思ってます。

⑥ビジネスモデルを考える 年24個
1月に1つ思いついたきりで、何も思いついてません。

⑦論文を書く
ノーアイデアというわけではありませんが、未着手です。
というか、論文を書くための前提知識がなさすぎるように思います。

⑧本を書く
論文以上にノーアイデアです。

⑨本を読む 年間50冊
きつい。
4冊目 理系のための法律入門
5冊目 奇子
6冊目 ブロックチェーン技術入門(読み中)

⑩子供と遊ぶ
2月は羽田空港
3月は上野動物園と花見
に行きました。

カテゴリー: 日記 | 2018年10大やること2-3月度実績振り返り(#29) はコメントを受け付けていません。

ある保育園児の記録(#28)

子供の保育園のお迎えを時々やっている。
これを繰り返していると、自分の子供以外に仲良くなったりする子供もできたりする。
そんな子供の話である。

ふと会社でカレンダーを見ると、3月の最後の週にさしかかっていることに気が付いた。
来週からは4月だ。
4月になったからといって・・・うちの事務所は何も変わらない。
しかし、顧客側には人事異動があったり、退職があったり、いろいろ騒がしい。
自分の子供も、学年が1つ上がる。
今までは、カートに入って公園まで遊びに行っていたようだが、来年度からは歩いて公園まで遊びに行くことになるようだ。
毎日見ていると気が付きにくいこともあるが、少しずつ成長している。
成長といえば、僕と仲良くなった保育園の子供(自分の子供ではない)は、今年で卒園することに気が付いた。

他人の子供のことだ。だから、本当にどうでもいいことだ。
だが、きちんとお別れの挨拶をしなければならないのではないだろうか?
きちんとお別れすることなく切れた人というのは、いつまでも気持ちの悪いまま残っている人が多い。
それは細切れの本当に短い時間だったが、楽しい時間だったのだ。
仕事の残りの量と、今週の予定を確認して、今日は子供の迎えに行けることを確認した。
本当は迎えに行くつもりはなかった。だけど、今日を逃すと、確実に迎えに行けるという日は作れそうになかった。

保育園に子供を迎えに行くと、自分の子供のほかに2~3人の子供が残っている。
他の子供の多くはすでに帰宅しているので、うちは迎えに行くのは遅いほうだ。
2~3人の子供のうち、1人が僕とよく遊んでくれる子供だ。
彼はいつもお迎えが遅いため、迎えに行くとたいてい居る。
彼との共通の話題はポケモンGOだ。
最近、僕は伝説のポケモンのレックウザを捕まえて自慢したのだが、それ以上にたくさんの伝説のポケモンをゲットした話で自慢されてしまった。
ちなみに、言い返せる位の自慢をしてやると、子供は喜んで自慢を返してくれるので、仲良くなりやすいのだ。
ポケモンは凄い。20歳以上も年齢が離れた人間に共通の話題を提供してくれるのだから。
ちなみに、他の子供からも嫌われているわけではない。タオルでバシバシ叩かれたり、抱き着かれたりするので、一応好まれていると思う。

ひとしきりポケモンの話をした後に、小学校の話をしてみた。
彼と僕の子供とは学区が違うようで、僕の子供が小学校に進学したときに一緒の小学校になることはなさそうだ。
僕は、本当に今日が最後になるかもしれないと伝えた。
なんだか周りの先生たちも少ししんみりしている(自分の子供は玩具に夢中だ)。
いままで楽しかった。
だから、感謝の気持ちを伝えてお別れした。

またどこかで会えるといいね。

カテゴリー: 育児 | ある保育園児の記録(#28) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.6 クエスト断念しようかと思ったメディウサ戦(#27)

Turn4
準備フェイズではヘルマンを支援。
作戦フェイズでは、再びゼスの魔人退治を選択。
今回の相手は、魔人メディウサです。
前回プレイ記録
ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26)
以下、ネタバレ。

魔人メディウサは、とにかく自堕落な魔人というイメージ。
鬼畜王ランスでは、自ら人間界に侵略してくることがないので、そんなに強いイメージは持ってない。
自軍の仲間を誘拐するけれど、そんなに使用頻度の高い仲間を誘拐していたわけでもないので。
なので、今まではそんなに思い入れのない魔人でした。
使徒アレフガルドのほうが好きだったな。

ランス10のメディウサは、
ゼスの将を残酷に殺すシーンを、毎日国中に放送するという異常な魔人だった。
ガルティアを撃破した後、メディウサを選択した理由は、こんな奴は早く倒そうと思ったからだ。
ちなみに、メディウサを選択した直後、ゼス王が殺され、取り巻きのウィチタとカオルも殺された。
早くね?と思った。
まだゲーム序盤のTurn4である。
ハウゼル→ガルティア→メディウサの順に進めて来たのに、この速度でゼス王が殺されるなら、ガルティア→メディウサの順に進めないと、ゼス王を救出できないってことなのか?
そもそもゼス王は救出できないのか・・・。
メディウサを選択せずに進めればいいのか?
ちょっとわからない。

ゼス王を殺されてキレたマジックが悪魔ザカリテに騙されて、魂を盗られそうになる。
それを阻止するために、メディウサと戦う前にザカリテと戦うことに。
ザカリテは、鬼畜王ランスで出てきたとき、遠隔攻撃が殆ど通用しなくて、マリアとかミルとかが殺されてとても不愉快な敵だった。
そして、見た目の気持ち悪さは今回も健在だった。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
ランス →攻撃
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング

ザカリテのHPは45万。
魔法攻撃が1000ダメージ程度。
魔法攻撃のダメージはそれほど痛くないんだけど、
反射光沢という、与えたダメージに比例してこっちにもダメージを与えてくる支援効果がウザい。
物理攻撃と遠隔攻撃と、それぞれに反射光沢がある。その間は、対象の攻撃をしないほうが無難。
遠隔攻撃には、魔法は含まれない。
魔法攻撃に対する反射光沢があるかは未確認。
反射光沢の反射ダメージに少し焦ったけど、なんとか撃破。

ザカリテと戦ったあと、メディウサはリズナを誘拐する。
ちなみに、誘拐されたリズナは戦闘に参加できなくなる。
そして、メディウサ戦。
僕は、このときメディウサを選択して後悔した。
直感的に勝てないと思ったから。
HPが146万ある。いままでの魔人と比べて桁が一つ大きい。
HP100万超える魔人なんて、ケイブリスとバボラくらいだと思っていた。
しかし、選んでしまったものはしょうがないので、倒す。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
ランス →攻撃&無敵結界解除
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング&石化回復

毒がかなり効いて、7万程度のダメージを与えられる。
物理攻撃は、1回で1000以上のダメージを受ける。それだけではなく、1行動で2回攻撃。
ドラクエのはやぶさの剣で攻撃してくる感じだ。
行動回数も多いので、連続で攻撃されると、あっという間にHPが減ってしまう。
また、石化攻撃もしてくる。石化されると、行動ができなくなってしまう。
ヒーリング系の状態異常を回復させられるスキルで回復できるが、一人だと石化された場合に回復不可能になるので二人くらいは欲しい。

8ターンで終了。その後、ランスがメディウサに誘拐されていなくなる。
無敵結界を解除できないと、魔人を倒せない。
これ、どうなるんだろ?
聖刀日光の保有者である健太郎が出てくることもなく、メディウサと再戦することに。
メディウサのHPは100万以上あるし、無敵結界も壊せない。
この状態で続けるのは、心理的な負担がかなり大きい。
一応、部隊ボーナスで神魔枠解禁を選択して、メンバーに魔人を加えることにした。
魔人なら、魔人にダメージを与えられるはずだから。
サテラはこんなこと言ってるし、サテラに期待するしかない。

というか、そうしないとクリアできない。

メディウサ戦その2。
勝てそうにないんだが・・・。
一応、スキをついてランスを救出するという作戦が冒頭に発表される。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
サテラ →攻撃&無敵結界解除?
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング&石化回復

ラッキー?なことにメディウサのHPは30万少ない116万。
だけど、メディウサの攻撃の厳しさは変わらない。
なにより、ランスの代わりに導入したサテラの攻撃が効かない。

魔人なら魔人にダメージを与えられるんじゃなかったのか?
と、あれこれ手をこまねいているうちに全滅。
初の全滅である。

サテラがダメならハウゼルだ!と、今度はサテラの代わりにハウゼルを使用。
ハウゼルは戦わないんじゃなかったのか?という疑問は置いといて、攻撃を行う。
しかし、ハウゼルの攻撃も効かない。
このメディウサに対して打つ手がなくなった。
これは健太郎必須のクエストなのか・・・。

クエストを断念しようかと思ったけど、粘れるだけ粘ってみることにした。
戦闘の冒頭で、スキをついてランスを救出するという作戦を立てていたから。
なかなかその時はこなかった。
しかし、15ターンを経過すると、イベントが発生し、ランスが復活した。
支援でランスが登場。
支援のランスは、1回で約10万前後のダメージを与えてくれて、無敵結界も解除してくれる。
あとは、通常通り攻撃すればいい。
といっても、ランスが勝手に攻撃してくれるので、防御に徹しても勝てる。
それでも、15ターンを耐えるまでの消耗もあり、ぎりぎりメディウサを撃破。
メディウサ戦は、今までで一番きつかったなぁ。

来週は、水曜日が祝日だけど、プレイできるかどうか・・・。
なかなか進みません。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.6 クエスト断念しようかと思ったメディウサ戦(#27) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26)

ランス10をプレイしています。
Turn3まで進めました。
前回プレイ記録
ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23)

以下、ネタバレ注意です。
準備フェイズでは、ヘルマンを支援。
途中でエレノアをゲット。

エレノアはシリーズを通して一番好きなキャラクターなので、非常にうれしい。
前回のプレイでは、支援した地域のキャラクターがゲットできるものかと思ってしまいましたが、支援した地域に限定されない模様。

作戦フェイズ
ゼスのガルティア戦を選択。
ゼスを攻めている魔人は、メディウサとガルティア。
初回ではガルティアと戦うようだ。

ガルティア。
鬼畜王ランスでは、いつも腹を空かせている空腹の魔人。
人類圏に攻めてきた時も、侵略した街の食い物を漁る魔人だった。
人間界を侵略することに興味を持たず、とにかく食べてばかりだった。
鬼畜王ランスのガルティアは、美味しいもの食わせることを条件に、仲間にすることができる魔人だった。
だから、ランス10でも仲間にすることができるかもしれない。
そんな期待をもって、ガルティアを選択した。

ガルティアは、空腹の魔人という設定は変わっていないようだ。
だけど、食に対するスタンスが全然違っていた。
鬼畜王ランスのガルティアは、人間界に攻めてきて、そこで初めて人間界の食べ物を知って感動する感じだった。
だけど、ランス10のガルティアは違った。
最初から美食家だった。
食に対して一切の妥協をしない性格。そして、人間を殺すことになんの躊躇もない性格。

残念だけど、今作では仲間になりそうにない。直感的にそう思った。

ガルティアとの最初の戦いは早食いだった(3ターン制限)。
仲間のスキルが「食べる」に変わっていて、カロリアだけ「大食い」になっていた。
「食べる」よりも「大食い」のほうが強そうだから、ほかに大食いスキルをもってるキャラクターを探したんだけど、カロリア(左から2番目)しかいなかった。

まあ、無理だった。でも、「大食い」のほうが大きなダメージを与えられることが分かった。
ランスシリーズの大食いキャラって誰だろ?

負けた後は、翌日もう一回大食いバトルするのかと思ったけど、違った。
ランスがガルティアを怒らせてしまったんだ。
そしたらガルティアの腹の中に吸い込まれてしまった。
ガルティアの腹の中は、移動するとHPが減ることがある。
マップ中のHP減少で死ぬことはない。HPが1になると、ダメージが0になる。

そして、腹から戻ってきて第2戦。
ガルティアは、香姫のだんごが好きらしい。
香姫をくれと、今度は剣で戦うことに。

左から順に
イージス →攻撃
香姫   →だんご(行動を無効化)
ランス  →攻撃、無敵結果解除
リック  →攻撃
シィル  →ヒーリング

ガルティアは毒に対する耐性があるため、香姫のだんごは通用しないと思い、外そうと思ったのだが、
ランスが、だんごを与えればガルティアはだんごに気を取られるはず。みたいなことを言うので、入れてみた。
指定されたタイミングで団子を与えると、確かに相手の行動を抑制できるので、かなり有利に働く。
ちなみに、ガルティアのHPは50万。
ガルティアの攻撃は1000程度のダメージ。
しかし、3倍攻撃を高い頻度でやってきたり、ある程度ダメージを与えると使徒を呼び出してくる。
ただ、団子で無力化できることもあるため、比較的楽に倒すことができた。
腹の中で出会ったガルティアの使徒のほうが厄介だった。。。

撃破した後、ガルティアは魔血魂に。
鬼畜王ではいつも仲間にしていた魔人だけあって、魔血魂になった姿を見るといたたまれなくなってしまう。

Turn3はこれでクリア。
週1でTurn1くらいしか進まないので、このペースで行くと、初回プレイの攻略はゴールデンウィーク頃になりそうだ。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26) はコメントを受け付けていません。

山を越えた記念カキコ(#25)

本日、原稿をお客さんに送付し、今年度の仕事のピークを越えた・・・と思います。
ここ1か月間の残業時間は約80時間を超えたか、超えないかくらいのライン。
約10年間、東京で働いてきましたが、これだけ残業したのは初めてです。
家族には迷惑をかけっぱなしでした。
ランス10を買ったのはいいけどほとんどできていない状態。

一応、ピークは越えたはずなので、明日から、多少平和な仕事が訪れるはずです。

カテゴリー: 自己紹介 | 山を越えた記念カキコ(#25) はコメントを受け付けていません。

自己紹介(#24)

こんにちは。
本ブログの管理者をしている「たけ」と言います。

いまは東京都内の特許事務所で弁理士として勤務して、間もなく2年になります。
主にIT系(人工知能、IoT、セキュリティ、画像処理等)の発明の明細書作成及び中間処理をやっています。
また、外国出願案件、侵害鑑定、訴訟案件に携わることもあります。
顧客によっては、著作権、商標等、法域に限定されない相談に乗ることもあります。

いまでこそ、東京で働いていますが、生まれも育ちも広島です。
子供の時から、東京に対して強いあこがれがあり、就職に合わせて東京に引っ越してきました。
あこがれといっても、国内で行われるあらゆるイベントが東京で開催され、広島で開催されないことに対する怒りのような感情です。

子供の時から何らかの形でゲームをやり続けています。
昔はヘビーユーザーで、プロアクションリプレイやエックスターミネーターを使って、ゲーム改造をやっていました。
いまはそこまでヘビーにプレイすることはなく、コンシューマではNintendoSwitch、PCではSteam、で普通にゲームをやっています。
今はNintendoSwitchでスプラトゥーン2をやっています。itbiztakeという名前でプレイをしていますので、自由にフレンド追加してください。

また、最近は資産運用の勉強をしています。
日本の衰退を目前にして、老後の生活を国頼みにするなんて馬鹿げていると考えています
いま、動けるうちに準備をしておかなければなりません。
自分で稼いでいるうちに、お金で稼ぐ手段を確立しておきたい。
これまでも何冊か本を読み、ブログで紹介してきました。
今後も紹介していきたいと考えています。

私生活では、2歳の子供の父親をやっています。
嫁も常勤フルタイムではありませんが、働いています。
家事は完全に分担とまではいきませんが、家事をやる時間がだいたい決まっており、その時間に一緒に動くような感じになっています。
例えば、僕がご飯を作っている間に、嫁が洗濯物をたたむ。とか。

勤務先の仕事とは別に、このブログの問い合わせ先を経由して知的財産権に関する相談を受け付けています。
現在は試行期間中で、無料で受け付けており、だいたい1~2週間程度で一次回答をさせて頂くスケジュール感になっています。
誰でも相談することは可能です。

また、Twitterをやっています。
アカウント名はitbiztakeです。
ブログの更新であったり、知財・技術系のニュースなどを適宜ツイートしたり、日々思ったことなどを呟いています。

よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年3月9日日記
細かい仕事がほぼ終わり。
あとは、年度末恒例の駆け込み出願をすべて終わらせるだけ・・・。のはず。
土日含めてあと5日で3件やります。
これは業務量としてはおかしい気がする。

カテゴリー: 自己紹介 | 自己紹介(#24) はコメントを受け付けていません。