NISAの背景・概要(#3)

NISAの勉強を始めました。

2014年資産運用益の軽減特別措置の終了とともに、NISAが導入された。
通常、資産運用益は、20%課税される。
課税対象は、以下のようなお金だ
・銀行預金の利息
・株式の売却益
・株式の配当金
これらに対する課税は、景気対策を目的として2013年までは10%に軽減されていた。
しかし、軽減特別措置は終わりを迎え、20%に戻った。
これに伴う株式市場に対する悪影響を抑えるために、NISAが導入されたという。
NISAは、個人で行うことができる資産運用の一つだ。

年間100万円を投資金額の上限として、口座を開設した金融機関指定の商品を購入して、運用する。
運用益に対して、課税はされない。
厳密にいえば、5年間資産運用し、それによって生じた運用益に対する課税がされないのだ。
5年経過した資産は、翌年の100万円として再投資(ロールオーバー)するか、別の課税口座の方へ移管する必要がある。
なお、NISAは、実施される期間が決まっており、永続する制度ではない。
NISAは、2014年~2027年まで実施される制度だ。
このため、最後の新規投資ができる期間は、終了の4年前の2023年までとなる。

NISAは一人一口座しか作ることができない。
そのため、例えば、金融機関Aで作ると、金融機関Bで作れなくなる。
金融機関の変更は可能だが、制約があるらしい。この辺は、まだ十分理解できていないので後日記載する。
いずれにせよ、最初の金融機関の選択は非常に重要だ。
金融機関は、商品で決めるのが望ましいだろう。
商品の決め方は、確定拠出年金の場合と大差はなく、銘柄及び手数料で決めることがよい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年1月5日日記
ソーサリアンというゲームについて調べていた。
結構古いゲームであり、名作らしい。
楽天でダウンロード購入可能みたいだ。
やってみたいけど。。。

カテゴリー: 資産運用 | NISAの背景・概要(#3) はコメントを受け付けていません。

仮想通貨ルーブル(♯2)

Yahooニュースによると、ロシアがルーブルという仮想通貨を発行する可能性が高いようだ。
これ →プーチン大統領が「仮想通貨ルーブル」発行を検討する本当のワケ 制裁回避、それとも通貨発行権
ロシアの現実の通貨ルーブルと等価値を持つ予定のこの仮想通貨は、他国からの経済制裁に対抗する手段になりうるという。
国が発行・管理する仮想通貨であれば、その国は世界中の仮想通貨投資家から外貨を得ることができる。
また、仮想通貨を使って、水面下で物資を調達することも可能だ。
すなわち、他国からの経済制裁を実質的にスルーすることが可能になる。

僕は、個人レベルでも同じことが言えると考えている。
いまは個人が目的を達成するためにお金を募る手段として、クラウドファンディングがある。
その代替手段として、個人が仮想通貨を発行すればよいわけだ。
その仮想通貨が買われた分だけ又は仮想通貨の相場の分だけ、個人は資金を調達することが可能になる。

多くの人は勘違いしているが、仮想通貨はデイトレードするためのものではない。
単に仮想通貨をデイトレードすることによって億単位のお金を得ている人がいて、それが過剰に報道されているだけだ。
仮想通貨は、国が発行したお金以外の手段で価値交換を実現するための技術だ。
仮想通貨は、既存の枠組みを壊すテクノロジーと言われているが、ロシアの考え方はその1つの現れに過ぎないだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年1月2日日記
昼:パスタ / 夜:鍋
パスタソースを自分で作れるようになると、料理の幅が広がるだろうなと、パスタを作る嫁の手際を見て思った。
嫁の作るパスタはオリジナルで、どれも美味しい。
嫁いわく、Web等に掲載された素人のレシピよりも、プロが書いた本のほうが勉強になるという。
プロが書いたレシピの手続きを理解すれば、少ない実践で色々な料理に応用できるということだ。

カテゴリー: 資産運用 | 仮想通貨ルーブル(♯2) はコメントを受け付けていません。

2018年10大やること(♯1)

2018年はこんなことをやる予定です。
ちなみに、2017年はこれでした。結果は2勝6敗2分
なるべく定量的な測定ができるものをピックアップしました。
資産運用とかも含めたかったんですが、定量的な測定方法が今の僕ではできそうになかったので、今年は水面下で進めます。
順番は優先度とか重要度はあまり関係ありません。

①英語力強化
やっぱり英語ですね。内外の経験値を増やして行くために。
指標としてはTOEICを用います。
TOEICは昨年はReadingだけの目標を立てましたけど、今年はListeningのスコアも上げますよ。
昨年は目標未達だったことも考慮して、総合で730点とします。
1月、7月、11月のTOEICを受験予定。

②付記試験合格
昨年のとりこぼしです。
といっても、今年はこれに注力するといったことはリスク高いので絶対にしません。
あくまで10個の目標のうちの1つとして、扱います。
不合格ならそれまで。もう気にしません。

③報酬 10%UP
勤務先の事務所から得られる報酬を対象とします。
実績連動なので、報酬を10%上げるには、実績を10%上げます必要が出ると考えられます。
昨年、実務系の書籍を読むと処理スピードがUPしたので、今年は読む量を増やして、処理スピードUPを狙います。

④ブログ
昨年は140件書きました。2~3日に1回。
正直、頻度はこれくらいかもっと少なくていいなという感じ。
しかし、計画通りにことが進めば今年はネタが豊富にありそうなので、150件書こうと思います。

⑤釣りに行く
昨年はまったく行きませんでした。今年は行きたい。
と、毎年言ってますが、毎年実現していません。
特定のターゲットとなる魚は決めず、12回行きます。

⑥ビジネスモデルを考える
自分がやるかやらないかは関係なく、ビジネスモデルを考えます。
例えば、昨年は両手でハンドルを握らなければペダルが動かない自転車のアイデアを考えました。
こんな感じで24個。目安としては月に2個ペースで考えます。

⑦論文を書く
論文を書きます。
テーマはまだ抽象的ですが、特許制度の今後について書いてみたいと思ってます。
書いた論文は、どこかに投稿するかもしれませんし、ここで発表して終わりかもしれません。

⑧本を書く
テーマはまだ決まってません。
そもそも出版の話がきているわけでもないし、ノウハウもゼロなので、完全に同人誌です。
媒体も電子か、紙か、決まっているわけでもありません。

⑨本を読む
年間50冊。
昨年はたぶん15冊くらいしか読めてないので、もっと読みます。
いくつか積読として蓄積されているのを読むとそれだけで15冊くらい。
あと35冊は買います。
50冊の中に漫画は含むことにしています。ビジネス書を漫画化した本とかそういうのが対象です。

⑩子供と遊ぶ
例年通りの目標です。
目標にしないとダメなのが情けない話ですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月31日日記
ほとんど自宅で静養してました。
TSUTAYAで借りた映画を見て、スプラトゥーン2やってました。
なかなかガチエリアのランクが上がりません。
新しい武器「スパイガジェット」が、評判イマイチですが、個人的にお気に入りです。

カテゴリー: 日記 | 2018年10大やること(♯1) はコメントを受け付けていません。

2017年の10大ニュース

1年を振り返り、自分のニュースを10個ピックアップしてみた。
とくに順位付けはしてません(思いついた順)。
ちなみに2016年はこれ

①付記試験に落ちた
一年間頑張って勉強しましたが、不合格という残念な結果に終わりました。
この勉強に大きな時間を使ったため、2017年の10大やることのうち、ほとんどが未達に終わってしまったのは大きな反省点です。
これがきっかけで来年以降は、お金だけではなく時間も分散させて、大敗しないことを目標に活動することに決めました。

②資産運用をはじめた
確定拠出年金制度を十分に活用しようと思ったことがきっかけです。
勉強を初めて1~2か月程度ですが、いままで貯蓄型で貯めてきた運用益よりも、1か月間、株式でに変更することで得られた運用益のほうが大きかったです。
残り約25年、少しずつ増やしていきます。

③仮想通貨と出会う
仮想通貨について、最初は、ふーんという感じでした。
日本円だけで取引をしていると、実感がわかないと思います。
だけど、FinTechの勉強や、上記の資産運用の勉強、価格の上昇状況を見ていると、ふーんという感じで流していてはいけない。と感じるようになりました。
仮想通貨は、仮想通貨を実現させるブロックチェーンは、世の中の枠組みを変えると言われていますが、勉強すればするほどそう思います。
例えば、仮想世界では国が発行した通貨よりも仮想通貨が使われるようになるかもしれません。
クラウドファンディングは、自分で発行した通貨で行うとかもできるかもしれません。
お金としての役割ではなく、イベントのチケット的な役割を果たすかもしれません。
いまは投機で遊んでる人が多いし、それを馬鹿にしてる人も多いですが、その可能性に気づいている人たちはいろいろなサービスを考え始めています。
気が付いた時には世の中は変わってしまっていた。そんな現代の浦島太郎になるのは勘弁です。

④セミナーをやった
4月16日に商標のセミナーを行いました。人生では2回目のセミナーです。
このセミナーというのは僕にとっての新規事業の1つです。
会社の経営では一般的な考え方ですが、既存事業が順調なうちに、新規事業を始めていく必要があります。
どんな既存事業でも、始まったら衰退していくからです。
そのため、会社が存続するためには、リストラか、新規事業を始めなければなりません。
そして、これは会社だけではなく個人にも当てはまると考えています。
多くの個人の場合、既存事業とは、勤務先の仕事です。
新規事業とは、勤務先とは違う仕事です。副業として勤める会社でもよいし、個人でやる仕事でもよいです。
新規事業で得られるものは、必ずしもお金でなくてもよいです。技能でもよいし、信用であってもよいでしょう。
勤務先の仕事がなくなったときに、困らないように何かを蓄積しておく。それが個人の新規事業です。
セミナーは、無料で行ったためお金にはなりませんでしたが、技能・信用を蓄積するための手段として有効に働いたように思います。
実際に、セミナーをやったの知っている。みたいなお話を初対面の方からいまだに頂いたりします。

⑤引っ越した
子供の保育園入所に合わせて引っ越しました。
引越し先の家は、すこし煩いところです。
最初の1~2週間は本当に嫌でしたが、どういうわけか慣れてきました。
人間の環境への適応性というのは凄いものを感じました。
長く居そうな気はしますが、やっぱり5~6年くらいで引っ越してしまうような気もします。
僕の人生は大体それくらいのスパンで引っ越し続けているので・・・。

⑥料理を始めた
まじめに料理をやり始めました。土日の昼夜はよく作っています。
わからないことは嫁に聞きつつ作ります。
まじめに料理をやり始める前は、めんどくさいときは、外食で済ませたりしていたのですが、
ある程度料理をやりなれてくると、外食に行くのがめんどくさくなるという変化がありました。
もちろん、外食はやるのですが、頻度は減ってきました。
お勧めです。

⑦ゲームを始めた
ニンテンドースイッチを発売日に買いました。
ゲームは物心ついたときからやっていましたが、テレビゲーム機は、ゲームキューブを最後にやっていませんでした。
(ゲームキューブすら時間がなくてほとんど触ってなかった)
昨年、遊技機の仕事に携わったことがきっかけです。遊技機業界の人は、遊技機をやっている人に仕事を依頼したいそうです。
僕自身は、ゲーム系の特許の仕事は積極的にとっていきたいと考えているので、この先、ゲームをやってないと話にならないと考えました。
ということで、遊びと仕事のために、ニンテンドースイッチを買いました。
いまはスプラトゥーン2をitbiztakeの名前でやってます。

⑧NTT研究所に行った
NTTの武蔵野にある研究所に行きました。
NTTは電話会社と思われている方は多いと思いますが、たぶん、世界最大級の研究機関の1つだと思います。
その研究分野の幅広さは、IoT等の情報通信に限られません。
FinTechもやっているし、人工知能もやっているし、ドローンも、ARもやっている。
とくにインパクトあったのは、阪大の石黒浩先生の講演。マツコロイドを作った人です。
講演の中身の面白さは当然として、世界一流の専門家の責務、使命、どんなことを考えながら仕事をしているのか?という点を学ばせてもらいました。

⑨前職の報酬を超えた
今年、前職の報酬(年額)を超えました。
手帳を振り返ると、仕事の予定ばかり入っていて、前職の何倍も忙しかった。
いまは技能を習得する期間だと捉えています。それは仕事を遂行する技能だけではなくて、同業の知り合いを作ったりとか。
弁理士は、とくに特許については人によって得意分野が異なるので、幅広く知り合いを作っておくことは幅広く仕事をする機会に恵まれることになります。
僕個人に限れば、特に化学系に強い弁理士の知り合いを作っておくのは、これから先重要なことだと思っています。
逆に言えば、化学系の弁理士は電気があまり得意ではないはずなので、電気といえば僕みたいな印象を与えられるように技能を磨いておく必要はあるのですがね。

⑩子供が保育園に入所した
子供が保育園に入りました。
最初は泣きまくっていましたが、今はそういう所だと割り切って、通っているようです。
迎えに行くと嬉しそうにしています。
保育園では、あまり年齢の違いは気にせずに保育されているようです。まあ0歳児は違うようですが・・・。
小学校に行くと、年齢の違う子供と接する機会が圧倒的に減ってしまうため、いまのうちに年齢の違う子供と遊んでいてもらいたいですね。
服を自分で着ようとしたり、カメラを向けるとポーズをとってみたり、少しずつ成長してきたように思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月30日日記
家の納会という名目で、たまの贅沢。
赤坂にある初穂という天ぷら屋さんに行きました。
日本酒の黒龍が色々とおいてありました。
特に、大吟醸と、しずくがありました。
しずくは高すぎたので、大吟醸を飲みました。
ものすごくおいしかった。
帰りはUberを使おうと思ったのですが、近くに車がいなかったので、普通のタクシーで帰りました。
タクシーからの景色は綺麗だったし、すごく楽だった。

カテゴリー: 日記 | 2017年の10大ニュース はコメントを受け付けていません。

ブレーキを外した自転車で公道を走る人は、5万円以下の罰金ですよ。

最近、スマホを見ながら自転車を操作し、人にぶつかって死傷させる事件が発生しているというニュースをよく見聞きします。
例えば、この記事で紹介されているものなどがあります。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/14/smartphone_a_23306841/

自転車スマホというのは、わき見運転および片手運転の両方が起きる危険行為です。
そこで僕は、自転車スマホを予防できるアイデアを考えました。
それが「両ハンドルを持たないと、ペダルがこげないようにロックされる」自転車です。
この自転車であれば、自転車スマホは予防されると思います。
スマホを持っているとペダルをこげないですから。
ただ、申し訳ないけど、自転車の構造にはあまり詳しくないので、動作原理は説明できないです。
このような自転車について特許が取りたい方は、構造を考えてその構造について特許出願して頂いても大丈夫ですよ。

このような自転車であっても、両ハンドルを持たなくてもペダルがこげるように改造してしまう人はいると思います。
そういう人には何を発明しても無駄でしょうから、そもそも自転車に乗ってはいけない人でしょう。
このような安全装置を外すような改造を施した自転車で事故を起こした場合、重大な過失が認められる可能性が高いと思います。
すなわち、被害者に対する損害賠償額が高く認定されやすくなるでしょう。
ただ、自転車の改造においてはブレーキを外すという、とても深刻な改造がなされた自転車が存在しているようです。
具体的には、ピストバイクという競輪場で用いられる種類の自転車に対してなされている改造のようです。
一般に競輪場で使用されることを目的としたピストバイクにはブレーキが付いていません。
代わりにペダル負荷でスピード調整をするそうです。これは、競輪場で使用される自転車であるからブレーキが付いていないだけです。
したがって、公道で使用されるピストバイクにはきちんとブレーキが付けられています。
このブレーキをわざわざ取り外して公道で使用している人がいるということです。
それはやめてください。
ブレーキが付いていない自転車を公道で走ることは、以下の通り法律で禁じられています。

道路交通法63条の9 第1項
自転車の運転者は、内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車を運転してはならない。

”内閣府令で定める基準に適合する制動装置”というのが、いわゆるブレーキです。以下のように定められていました。
道路交通法施行規則
道路交通法第63条の9 第1項の内閣府令で定める基準は、次の各号に掲げるとおりとする。
1 前車輪及び後車輪を制動すること。
2 乾燥した平たんな舗装路面において、制動初速度が十キロメートル毎時のとき、制動装置の操作を開始した場所から三メートル以内の距離で円滑に自転車を停止させる性能を有すること。

このように、ブレーキが取り外された自転車で公道を走ることは違法行為です。
それだけで5万円以下の罰金に科せられます。
道路交通法120条 第1項 第8号の2(一部省略)
次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
八の二 運転した者又は第六十三条の九(自転車の制動装置等)第一項の規定に違反した者

もし事故が起きた場合、さらに刑事上・民事上の責任に問われることになります。
数千万円の損害賠償や、懲役刑が課せられるおそれがあります。

前を見ずに走っている自転車はとても多いです。歩行者である私はとても怖いですね。
なので、違法車両に乗らないでください。自転車スマホもしないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月29日日記
冬休み初日 スターウォーズEP8を見に行きました。
2時間半という超大作。長すぎるので見に行くのをやめようかと思ったほどです。
とはいえ、実際に見てみると見せ場がたくさんあってあっという間に終わりました。
全体的にEP6までのしがらみをなくすためのストーリーだったように思います。

カテゴリー: その他法律 | ブレーキを外した自転車で公道を走る人は、5万円以下の罰金ですよ。 はコメントを受け付けていません。

2018年の投資計画から、会社員の投資の基本を説明するよ  

会社員の​投資の基本は、以下の3つだと考えています。

①分散させる
②余ったお金でやる
③長期で考える
この考えを踏まえて、僕は2018年はこんなバランスで投資することを考えています。
保険51%、貯蓄24%、仮想通貨10%、株式16%
2018投資バランス
これらは、月給や賞与などの収入から、毎月の生活費等の必要経費を除いて余ったお金で投資されています。生活費を使って投資をするようになると、短期的な利益ばかりが気になって仕事や生活に支障が出てくるようになります。なぜなら、すぐに勝たなければと生活が維持できなくなるからです。生活が維持できないとは、すなわち死です。投資に生き死にがかかるようになると、生きるために目の前の利益が気になってしまうのは当然です。
上記の円グラフを見ると、保険が51%で圧倒的に多いです。保険に偏り過ぎており、あまり良いとは言えません。本来ならば均等に分散されているのが望ましい状態です。なぜなら、一つが潰れても、他が生きていれば、運用を継続できるからです。この偏った比率はは保険会社との契約で仕方ない状態だと考えています。保険の大半は終身保険と学資保険です。このうち半分以上を終身保険が占めています。ただ、終身保険の払い込みは今年で終わります。なので、この偏った投資も今年で終わる見込みです。
次に多いのは貯蓄で、貯蓄は24%です。主に定期預金と財形貯蓄です。とくに、賞与からの貯蓄分が多いです。実は貯蓄は、2018年から大きく減らしています。あまり安定して給与が得られている現状、30代前半のうちから何もせずにただ貯めておくメリットが今はそれほどないためです。そこで、減らしたお金を仮想通貨とNISAに分散させました。
仮想通貨ですが、今年は10%の投資を予定しています。仮想通貨では、最近ビットコインが暴落したというニュースがありました。これは実はビットコインだけの話ではなく仮想通貨全体の相場が大きく下がりました。当然、相場というのはいろんな事情で変動します。最近で有名な暴落だと2008年のリーマンショックがあります。暴落とは、相場を短期的に見ている人にとっては、やばい出来事だと思われるかもしれません。自分の取得できる資産がみるみる減っていくからです。だけど、長期的に見ている人にとって、暴落はチャンスです。なぜなら、同じ金額で沢山の商品(例えば、ビットコイン)が買えるのですから。
相場というのは、上がる時もあれば、下がる時もあります。今回のビットコインだって、暴落しても手放さなければ、また順調に上がっていくことでしょう。究極的には、手放す時に上がっていればいいんです。そして、会社員は手放す時を選べます。なぜなら、給与収入があり、余ったお金で運用しているので、一時的に相場がどうなろうと生活に困らないからです。
僕は、仮想通貨はこれから確実に伸びてくると考えました。どの仮想通貨が伸びるかはわからないので一点買いはリスクが高いです。僕はいくつかの通貨に分散させる予定です。考えているところでは、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムです。とはいえ、デイトレーダのように勝ってる時に売って、差分で別の仮想通貨を買ってとかは考えていません。それをすると本業に支障が出るためです。ただ、仮想通貨の扱いに慣れるために、土日に少しやるかもしれませんが、メインでやるつもりはありません。基本スタンスとしては、定期積立で買い続けて、何年も持ち続けて、少しずつ伸びるのを待ちます。
株式には16%投資します。これまでの記事で書いてきたように、株式はNISAと確定拠出年金でやります。いずれも投資信託でやるつもりなので、ほっておけば金融会社が運用して運用益を配分してくれます。仮想通貨と違って、積極的に運用してもらいます。自分で銘柄を選んだりするのは難しいし時間もないのでやりません。他人と同じ銘柄を自動で選択するレンディングシステム技術(特許になってる)には興味があるので、これは試すかもしれません。
まとめ 会社員の投資の基本は3つあります。
①分散させる
僕は、同じ投資でも、保険、貯蓄、仮想通貨、株式と4つを使ってます。
さらにこの中でも、保険では、終身保険、学資保険と少なくとも2種類の保険が出てきました。株式でも国内株式と海外株式の2種類、仮想通貨に至っては、4種類です。
分散させることで、どれかが潰れても資産がゼロにならないし、その他のどれかが上がって、全体ではプラスになっている可能性が高いです。
②余ったお金でやる
必要なお金で投資をするとたちまち日々の仕事、生活に支障が出るでからです。
円グラフの数字を全部足すと100%になるはずですが、僕の年収とイコールではありません。生活費、自己投資、遊行費などがすべて引かれた状態のお金の使い方であり、金額としてはそんなに大きくありません。だから、資産運用で何千万稼いだとか、何百万稼いだとか、そうなる可能性は限りなくゼロです。何も考えずに銀行預金にしておくよりかはマシくらいの感じです。なので、知り合いに久々に会ったからと言って、一杯奢るとかそんなこともできません。
③長期で考える
会社員が投資をすることの強みは、勝っているときにやめられることです。いま、どんなに負けていても、長い目で見れば逆転のチャンスは来ると思います。その時まではじっと堪えて、相場が上昇する時を待ちましょう。会社員であれば、給与所得があるので、それができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月25日日記
寝ている間に、子供のおむつが漏れたらしい。
僕は寝ていたので気が付かなかった。。。
カテゴリー: 資産運用 | 2018年の投資計画から、会社員の投資の基本を説明するよ   はコメントを受け付けていません。

鶏のから揚げレシピ

初めて鶏のから揚げを作ったので、その作り方を忘れないようにレシピにしておきます。

材料
鶏肉(もも肉)
唐揚げ粉

①水と唐揚げ粉を混ぜ合わせる
分量は唐揚げ粉に書いてあります。

②①で作った粉?と鶏肉を混ぜ合わせる。

③②で作ったものを10分くらい寝かせる

④油を加熱する
170℃くらいでいいらしいけど、外観からはよくわからない。だから、大体でいいと思う。
ただ、温度が低いと油でベチャベチャになるので、温度は低いより高いほうがいいと思う。

⑤鶏肉を油の中に入れる
ジュワーっと揚がってるような音がすればOK

⑥4~5分くらい揚げる。低温で揚げるとカラッと揚がらずべちゃべちゃになる。

⑦油から取り出す。このとき、火を切らず揚げながら取り出すこと。
火を切ると、油でべちゃべちゃになる。

⓼油を切って、完成。

⑥⑦で失敗して、べちゃべちゃになったとしても、もう一度⑤からやり直すことができる。
この場合、焦げないように、⑥の揚げ時間を短めにする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月23日日記
鶏の唐揚げを初めて作った。
最初は、油の温度が低すぎてベチャベチャの唐揚げができてしまった。
嫁のアドバイスに基づき、高温で揚げると成功。
その後、ベチャベチャの唐揚げも高温で揚げなおすという実験を行ったところ、こちらも成功。
カラッと仕上がった。
おいしすぎ。また作りたい。

カテゴリー: 未分類 | 鶏のから揚げレシピ はコメントを受け付けていません。