ランス10 vol.6 クエスト断念しようかと思ったメディウサ戦(#27)

Turn4
準備フェイズではヘルマンを支援。
作戦フェイズでは、再びゼスの魔人退治を選択。
今回の相手は、魔人メディウサです。
前回プレイ記録
ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26)
以下、ネタバレ。

魔人メディウサは、とにかく自堕落な魔人というイメージ。
鬼畜王ランスでは、自ら人間界に侵略してくることがないので、そんなに強いイメージは持ってない。
自軍の仲間を誘拐するけれど、そんなに使用頻度の高い仲間を誘拐していたわけでもないので。
なので、今まではそんなに思い入れのない魔人でした。
使徒アレフガルドのほうが好きだったな。

ランス10のメディウサは、
ゼスの将を残酷に殺すシーンを、毎日国中に放送するという異常な魔人だった。
ガルティアを撃破した後、メディウサを選択した理由は、こんな奴は早く倒そうと思ったからだ。
ちなみに、メディウサを選択した直後、ゼス王が殺され、取り巻きのウィチタとカオルも殺された。
早くね?と思った。
まだゲーム序盤のTurn4である。
ハウゼル→ガルティア→メディウサの順に進めて来たのに、この速度でゼス王が殺されるなら、ガルティア→メディウサの順に進めないと、ゼス王を救出できないってことなのか?
そもそもゼス王は救出できないのか・・・。
メディウサを選択せずに進めればいいのか?
ちょっとわからない。

ゼス王を殺されてキレたマジックが悪魔ザカリテに騙されて、魂を盗られそうになる。
それを阻止するために、メディウサと戦う前にザカリテと戦うことに。
ザカリテは、鬼畜王ランスで出てきたとき、遠隔攻撃が殆ど通用しなくて、マリアとかミルとかが殺されてとても不愉快な敵だった。
そして、見た目の気持ち悪さは今回も健在だった。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
ランス →攻撃
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング

ザカリテのHPは45万。
魔法攻撃が1000ダメージ程度。
魔法攻撃のダメージはそれほど痛くないんだけど、
反射光沢という、与えたダメージに比例してこっちにもダメージを与えてくる支援効果がウザい。
物理攻撃と遠隔攻撃と、それぞれに反射光沢がある。その間は、対象の攻撃をしないほうが無難。
遠隔攻撃には、魔法は含まれない。
魔法攻撃に対する反射光沢があるかは未確認。
反射光沢の反射ダメージに少し焦ったけど、なんとか撃破。

ザカリテと戦ったあと、メディウサはリズナを誘拐する。
ちなみに、誘拐されたリズナは戦闘に参加できなくなる。
そして、メディウサ戦。
僕は、このときメディウサを選択して後悔した。
直感的に勝てないと思ったから。
HPが146万ある。いままでの魔人と比べて桁が一つ大きい。
HP100万超える魔人なんて、ケイブリスとバボラくらいだと思っていた。
しかし、選んでしまったものはしょうがないので、倒す。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
ランス →攻撃&無敵結界解除
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング&石化回復

毒がかなり効いて、7万程度のダメージを与えられる。
物理攻撃は、1回で1000以上のダメージを受ける。それだけではなく、1行動で2回攻撃。
ドラクエのはやぶさの剣で攻撃してくる感じだ。
行動回数も多いので、連続で攻撃されると、あっという間にHPが減ってしまう。
また、石化攻撃もしてくる。石化されると、行動ができなくなってしまう。
ヒーリング系の状態異常を回復させられるスキルで回復できるが、一人だと石化された場合に回復不可能になるので二人くらいは欲しい。

8ターンで終了。その後、ランスがメディウサに誘拐されていなくなる。
無敵結界を解除できないと、魔人を倒せない。
これ、どうなるんだろ?
聖刀日光の保有者である健太郎が出てくることもなく、メディウサと再戦することに。
メディウサのHPは100万以上あるし、無敵結界も壊せない。
この状態で続けるのは、心理的な負担がかなり大きい。
一応、部隊ボーナスで神魔枠解禁を選択して、メンバーに魔人を加えることにした。
魔人なら、魔人にダメージを与えられるはずだから。
サテラはこんなこと言ってるし、サテラに期待するしかない。

というか、そうしないとクリアできない。

メディウサ戦その2。
勝てそうにないんだが・・・。
一応、スキをついてランスを救出するという作戦が冒頭に発表される。

左から順に
香姫  →毒団子
志津香 →攻撃&魔法陣
サテラ →攻撃&無敵結界解除?
リック →攻撃
シィル →攻撃&ヒーリング&石化回復

ラッキー?なことにメディウサのHPは30万少ない116万。
だけど、メディウサの攻撃の厳しさは変わらない。
なにより、ランスの代わりに導入したサテラの攻撃が効かない。

魔人なら魔人にダメージを与えられるんじゃなかったのか?
と、あれこれ手をこまねいているうちに全滅。
初の全滅である。

サテラがダメならハウゼルだ!と、今度はサテラの代わりにハウゼルを使用。
ハウゼルは戦わないんじゃなかったのか?という疑問は置いといて、攻撃を行う。
しかし、ハウゼルの攻撃も効かない。
このメディウサに対して打つ手がなくなった。
これは健太郎必須のクエストなのか・・・。

クエストを断念しようかと思ったけど、粘れるだけ粘ってみることにした。
戦闘の冒頭で、スキをついてランスを救出するという作戦を立てていたから。
なかなかその時はこなかった。
しかし、15ターンを経過すると、イベントが発生し、ランスが復活した。
支援でランスが登場。
支援のランスは、1回で約10万前後のダメージを与えてくれて、無敵結界も解除してくれる。
あとは、通常通り攻撃すればいい。
といっても、ランスが勝手に攻撃してくれるので、防御に徹しても勝てる。
それでも、15ターンを耐えるまでの消耗もあり、ぎりぎりメディウサを撃破。
メディウサ戦は、今までで一番きつかったなぁ。

来週は、水曜日が祝日だけど、プレイできるかどうか・・・。
なかなか進みません。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.6 クエスト断念しようかと思ったメディウサ戦(#27) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26)

ランス10をプレイしています。
Turn3まで進めました。
前回プレイ記録
ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23)

以下、ネタバレ注意です。
準備フェイズでは、ヘルマンを支援。
途中でエレノアをゲット。

エレノアはシリーズを通して一番好きなキャラクターなので、非常にうれしい。
前回のプレイでは、支援した地域のキャラクターがゲットできるものかと思ってしまいましたが、支援した地域に限定されない模様。

作戦フェイズ
ゼスのガルティア戦を選択。
ゼスを攻めている魔人は、メディウサとガルティア。
初回ではガルティアと戦うようだ。

ガルティア。
鬼畜王ランスでは、いつも腹を空かせている空腹の魔人。
人類圏に攻めてきた時も、侵略した街の食い物を漁る魔人だった。
人間界を侵略することに興味を持たず、とにかく食べてばかりだった。
鬼畜王ランスのガルティアは、美味しいもの食わせることを条件に、仲間にすることができる魔人だった。
だから、ランス10でも仲間にすることができるかもしれない。
そんな期待をもって、ガルティアを選択した。

ガルティアは、空腹の魔人という設定は変わっていないようだ。
だけど、食に対するスタンスが全然違っていた。
鬼畜王ランスのガルティアは、人間界に攻めてきて、そこで初めて人間界の食べ物を知って感動する感じだった。
だけど、ランス10のガルティアは違った。
最初から美食家だった。
食に対して一切の妥協をしない性格。そして、人間を殺すことになんの躊躇もない性格。

残念だけど、今作では仲間になりそうにない。直感的にそう思った。

ガルティアとの最初の戦いは早食いだった(3ターン制限)。
仲間のスキルが「食べる」に変わっていて、カロリアだけ「大食い」になっていた。
「食べる」よりも「大食い」のほうが強そうだから、ほかに大食いスキルをもってるキャラクターを探したんだけど、カロリア(左から2番目)しかいなかった。

まあ、無理だった。でも、「大食い」のほうが大きなダメージを与えられることが分かった。
ランスシリーズの大食いキャラって誰だろ?

負けた後は、翌日もう一回大食いバトルするのかと思ったけど、違った。
ランスがガルティアを怒らせてしまったんだ。
そしたらガルティアの腹の中に吸い込まれてしまった。
ガルティアの腹の中は、移動するとHPが減ることがある。
マップ中のHP減少で死ぬことはない。HPが1になると、ダメージが0になる。

そして、腹から戻ってきて第2戦。
ガルティアは、香姫のだんごが好きらしい。
香姫をくれと、今度は剣で戦うことに。

左から順に
イージス →攻撃
香姫   →だんご(行動を無効化)
ランス  →攻撃、無敵結果解除
リック  →攻撃
シィル  →ヒーリング

ガルティアは毒に対する耐性があるため、香姫のだんごは通用しないと思い、外そうと思ったのだが、
ランスが、だんごを与えればガルティアはだんごに気を取られるはず。みたいなことを言うので、入れてみた。
指定されたタイミングで団子を与えると、確かに相手の行動を抑制できるので、かなり有利に働く。
ちなみに、ガルティアのHPは50万。
ガルティアの攻撃は1000程度のダメージ。
しかし、3倍攻撃を高い頻度でやってきたり、ある程度ダメージを与えると使徒を呼び出してくる。
ただ、団子で無力化できることもあるため、比較的楽に倒すことができた。
腹の中で出会ったガルティアの使徒のほうが厄介だった。。。

撃破した後、ガルティアは魔血魂に。
鬼畜王ではいつも仲間にしていた魔人だけあって、魔血魂になった姿を見るといたたまれなくなってしまう。

Turn3はこれでクリア。
週1でTurn1くらいしか進まないので、このペースで行くと、初回プレイの攻略はゴールデンウィーク頃になりそうだ。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.5 仲間にならなかったガルティア戦(#26) はコメントを受け付けていません。

山を越えた記念カキコ(#25)

本日、原稿をお客さんに送付し、今年度の仕事のピークを越えた・・・と思います。
ここ1か月間の残業時間は約80時間を超えたか、超えないかくらいのライン。
約10年間、東京で働いてきましたが、これだけ残業したのは初めてです。
家族には迷惑をかけっぱなしでした。
ランス10を買ったのはいいけどほとんどできていない状態。

一応、ピークは越えたはずなので、明日から、多少平和な仕事が訪れるはずです。

カテゴリー: 自己紹介 | 山を越えた記念カキコ(#25) はコメントを受け付けていません。

自己紹介(#24)

こんにちは。
本ブログの管理者をしている「たけ」と言います。

いまは東京都内の特許事務所で弁理士として勤務して、間もなく2年になります。
主にIT系(人工知能、IoT、セキュリティ、画像処理等)の発明の明細書作成及び中間処理をやっています。
また、外国出願案件、侵害鑑定、訴訟案件に携わることもあります。
顧客によっては、著作権、商標等、法域に限定されない相談に乗ることもあります。

いまでこそ、東京で働いていますが、生まれも育ちも広島です。
子供の時から、東京に対して強いあこがれがあり、就職に合わせて東京に引っ越してきました。
あこがれといっても、国内で行われるあらゆるイベントが東京で開催され、広島で開催されないことに対する怒りのような感情です。

子供の時から何らかの形でゲームをやり続けています。
昔はヘビーユーザーで、プロアクションリプレイやエックスターミネーターを使って、ゲーム改造をやっていました。
いまはそこまでヘビーにプレイすることはなく、コンシューマではNintendoSwitch、PCではSteam、で普通にゲームをやっています。
今はNintendoSwitchでスプラトゥーン2をやっています。itbiztakeという名前でプレイをしていますので、自由にフレンド追加してください。

また、最近は資産運用の勉強をしています。
日本の衰退を目前にして、老後の生活を国頼みにするなんて馬鹿げていると考えています
いま、動けるうちに準備をしておかなければなりません。
自分で稼いでいるうちに、お金で稼ぐ手段を確立しておきたい。
これまでも何冊か本を読み、ブログで紹介してきました。
今後も紹介していきたいと考えています。

私生活では、2歳の子供の父親をやっています。
嫁も常勤フルタイムではありませんが、働いています。
家事は完全に分担とまではいきませんが、家事をやる時間がだいたい決まっており、その時間に一緒に動くような感じになっています。
例えば、僕がご飯を作っている間に、嫁が洗濯物をたたむ。とか。

勤務先の仕事とは別に、このブログの問い合わせ先を経由して知的財産権に関する相談を受け付けています。
現在は試行期間中で、無料で受け付けており、だいたい1~2週間程度で一次回答をさせて頂くスケジュール感になっています。
誰でも相談することは可能です。

また、Twitterをやっています。
アカウント名はitbiztakeです。
ブログの更新であったり、知財・技術系のニュースなどを適宜ツイートしたり、日々思ったことなどを呟いています。

よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年3月9日日記
細かい仕事がほぼ終わり。
あとは、年度末恒例の駆け込み出願をすべて終わらせるだけ・・・。のはず。
土日含めてあと5日で3件やります。
これは業務量としてはおかしい気がする。

カテゴリー: 自己紹介 | 自己紹介(#24) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23)

前回の記事「飛行する魔人に打つ手なしラ・ハウゼル戦」では、ハウゼルに1のダメージも与えることができなかった。
これでこのクエストでのハウゼル戦は終わりで、次はシルキィ戦に移るかと思ったが、違った。
まだハウゼル戦は続くようだ。

ハウゼル戦の準備のためにハイパービルへ移動。
ハイパービルは、ランス3以来だ。懐かしい。
仮面ライダーそっくりなバグと戦ったりした。
バグがこんなに多様性に富んでいたとは。

そして、ハイパービルの後は2度目のハウゼル戦へ。
準備が功を奏してまんまと誘い出されたハウゼル。
2回目の戦いは洞窟の中での戦いだ。
もしかしたらハウゼルは飛べないかもしれないという期待が持てる。
だけどちょっとくらいは飛べるかもしれない。
もしも飛べたら困るから、飛行の解除を試せるように、クレインをメンバーに加えておく。

左から順に
シーラ →ヒーリング
クレイン→側面の無力化(飛行解除を試す)
ランス →攻撃、無敵結果解除
リック →攻撃
香姫  →毒団子

しかし、ハウゼルは今回の戦いは洞窟の中だから飛行することもできず、かつ炎魔法も使うことができない状態で戦うことになった。

こんな敵が使ってくるような作戦を、敵に使ってしまう戦士。これが主人公ランスの魅力だ。
何はともあれ今度はダメージが通る。ダメージが通るなら勝てる。
というか負けたらゲームオーバーみたいだから、絶対倒さないといけない。

ハウゼルは、ハウゼル体質という特殊能力をもっており、炎属性の攻撃が効かなかった。
メンバーにいるリックは攻撃の主軸であるが、炎属性だ。
なので、ハウゼルには攻撃が通用しなかった。
あのリックがハウゼル戦ではほとんど役に立たない存在に・・・。
入れ替え後は、シーラ、リック、クレインを下げて、アールコート、シィル、イージスを登場。

2回目のハウゼル戦は、ランスの卑怯な作戦のおかげで余裕で撃破。
しかし、撃破後に罠があった。
僕は、選択肢を誤った。
選択の結果、ハウゼルは、ランスの卑怯な作戦にキレてしまい全て燃やし尽くしてしまったのだ。
要はゲームオーバーである。

ちなみに、選択肢直前でロードできるので、今度はもう一方を選択。
この場合、ハウゼルはキレることもなく、無事に仲間にできた!
今は戦えないキャラみたいだけど、ともかく感無量。

Turn2はこれで終わり。
月曜からまた仕事です。
弁理士はこの時期が繁忙期ということもあり、次の週末までまともにできそうもありません。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年3月3日日記
日中は仕事して、夜はランス10をプレイ。
拒絶理由通知に対する反論を考えていたんだけど、進歩性が見いだせない。。。
結局、この日のうちに反論を考えることは断念して、明細書を書いてました。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.4 飛べなくなったラ・ハウゼル戦(#23) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.3 飛行する魔人に打つ手なしラ・ハウゼル戦(#22)

ランス10をTurn2の作戦フェイズを半分まで進めました。
以下、ネタバレありです。

Turn2の準備フェイズでは、自由都市を支援。
自由都市を選んだ理由は、一番弱そうな地域だったから。
攻略中に、志津香がでた。

志津香クラスのキャラクターだと加入イベントがあるかと思ったけど、そんなものはなかった。
なんか、この唐突さが艦これっぽい。
準備フェイズでは、支援した都市に所属するキャラクターが仲間になることに気が付いた。
それにしても子供志津香ってなんだ?
ナギの命を救うために、子供の体になった?その話みてみたい。ランス幾つのストーリだろう?
ともかく、子供だろうとなんだろうと、志津香はランス2の頃から好きなキャラクターなので戦闘メンバーに加入。

Turn2の作戦フェイズでは、リーザスを攻めているハウゼルとシルキィ退治を選択。
リーザスを攻めているハウゼルとシルキィは、もともとホーネット側の魔人。
なぜ二人がケイブリス側にいるのか気になるし、なにより、仲間になるかもしれないから。
ホーネット派の魔人サテラも心配している。

ハウゼルとシルキィと、どっちから退治するか選択する場面があったので、ハウゼルを選択。
シルキィは、魔人四天王の一人なので、たぶんハウゼルより強いから。というのが理由だ。
ハウゼルは、鬼畜王ランスではホーネット派の魔人の中で一番奮闘した魔人というイメージ。
それだけに、ハウゼルがリーザスを侵略したという設定には驚いたんだ。
あの真面目なハウゼルがホーネットを裏切ってケイブリスの下で働くってどういうことだよ?って。
ちなみに、この疑問はプレイをすると一瞬で解消されたぞ。ハウゼルならそうするだろうって感じだ。
鬼畜王ランスを初めてプレイしたときは、姉のサイゼルと合体してバスワルドになってしまった。
ランス10でも、バスワルドは登場するのだろうか?
バスワルド登場は全力で阻止したいが、そういうルートもあるなら、いずれは経由しなければならないのだろう。

ストーリーを進めていくと、いよいよハウゼル戦に到達した。
鬼畜王ランスでも、バスワルドは別として、直接戦うことはできなかったからこれが初対戦だ。
この戦いは8ターンで終わりらしい。レッドアイの時みたいに2回くらい戦うのかもしれない。
ハウゼルのHPは48万あるから、8ターンでは削り切れないだろう。
初期メンバーはこんな感じ。ガリガリと削る脳筋パーティ。

左から順に
イージス→攻撃
シィル →ヒーリング&攻撃
ランス →攻撃
リック →攻撃
志津香 →魔力強化&攻撃

これでどこまで削れるかやってみるぜー!
と、意気込んで戦いを挑んだが、1のダメージも与えることなく8ターン経過・・・。
ハウゼルは飛行スキルを持っていて、ランスの攻撃が届かなかった。
ランスの攻撃が届かないと、無敵結果を解除することができない。
無敵結界を解除できないと、ほかのキャラクターの攻撃が効かない。
ランスアタックも届かないし、イージスの弓や、志津香の魔法攻撃でも飛行解除できない。
そして、ハウゼルがわざわざ地上に降りてくることもなかった。
8ターンでどこまで削るか以前に、飛行をどうにかしないとハウゼルは無敵だとわかった。
もしかしたら、敵支援排除のスキルで飛行を除去できるかもしれない。
それを試そうにもハウゼルは8ターン経過したらそのまま戦線を離脱。
ランスたちも戦場を去ることに・・・。
実験は次回のお預け!

ハウゼルの攻撃はレッドアイよりちょっと厳しいくらい。
火爆破の頻度が結構高くて、戦いが長期化するとやばいと思う。
火炎砲 3500程度
火爆破 1600程度
炎の矢  600程度
ヒーリング 48k回復

まだ、作戦フェイズは終わっていないため、次はシルキィ退治に続くことになると思います。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

—————-
2018年3月2日日記
客先直行からの明細書作成・送付かつ、出願2件。
あまりにも時間がなくて、客先から事務所に戻る電車の中で昼食(完全食のグミCOMP)。こういう時は便利。
そして、終わったのは23時。。。こんな感じの日々が続いており、1か月の残業時間の新記録が出そうな勢い・・・。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.3 飛行する魔人に打つ手なしラ・ハウゼル戦(#22) はコメントを受け付けていません。

ランス10 vol.2 約15年ぶりのレッドアイ戦(#21)

ランス10のプレイ(1周目)記録
最初からTurn1の作戦フェイズ完了まで進めた。
ネタバレありです。

最初からシリーズのいろんなキャラクターがガンガン出てくる。
殆どのキャラクターが10年ぶり以上ですごく懐かしい。
ランスは5Dから9までをやっていないので、細かい設定はわかってない(ランスにリセット以外の子供がいたりとかね・・・)。
だけど、ランス1~鬼畜王ランスをやっていたので、世界観や代表的なキャラクターは把握できている。
マジックみたいに鬼畜王ランスとは外観が違ったりもするキャラクターもいるけれど、全然OK。

Turn1は、そんなに自由度がなくて、カラーの森を探索するクエストでした。
魔人が各国を攻めてくる導入部分にレッドアイが出てこなくてどうしたんだろうー?って思ってた。
四天王のケッセルリンクがいて、レッドアイがいないのは、なんかおかしいと思ってたんだ。
そしたら、Turn1でいきなり出てきた。

レッドアイ・・・。
鬼畜王ランスでは、一番苦戦した魔人だった。
プレイした頃は攻略サイトとかそういうのもあんまり充実していないし、インターネットも十分に使えない頃だった。
だから、最初は楽な倒し方がわからなかったんだ。
こいつは、後衛にいて、魔法使い5000人の部下を連れてたから、初プレイの時は仲間が大量に殺されたのを覚えてる。
結局無視したか、美樹のボムで削ったか、どっちかだったと思う。
レッドアイは、当時の印象最悪の魔人だったから、最初の相手としては面白すぎ。
でも、勝てるのかなぁ、という疑問と、こんなに苦労させられた魔人をあっさり終わらせていいのか?という気持ちと、が交錯した。

そんな気持ちの中でレッドアイとの戦いがやってきた。
レッドアイを見たときびっくりした。どっかで見たことあるなと思ったら、アニスに取り憑いてたから。
アニスはゼス国最強の魔法使い。本作では魔人との戦争の中に行方不明になっていたらしい。
レッドアイ×アニス、鬼畜王ランスの時のレッドアイよりも絶対に面白い。

戦闘画面を見たらターン制限があることに気づいた。4ターン持てばいいらしい。だけど、レッドアイのHPを見ると、4ターンでは削り切れない。
これはイベント戦のようだ。耐えることにして防御系の布陣で挑む。
クルック→魔法バリア(レッドアイは魔法攻撃が強力)
シィル→ヒーリング
ランス→ダメージ確認
かなみ→手裏剣で行動をキャンセル
シーラ→ヒーリング

白色破壊光線が4000弱のダメージ。
ランスの攻撃は普通に通る。ことがわかった。

1戦目が終わった後、(10年ぶりに見た)リズナが仲間になった。すぐに2戦目が始まる。今度はターン制限がないっぽい。
リズナは魔法防御系のキャラクターらしい。
5Dは途中までしかプレイしてないので、リズナ自体は知ってるけど、詳しくは知らない・・・。
今度はターン制限がないのでどちらかが死ぬまで戦うらしい。。
こんな感じの編成です。1回目のSSは取れなかった><

リズナ→魔抵体質(レッドアイは魔法攻撃が強力)
シィル→ヒーリング
ランス→攻撃
かなみ→手裏剣で行動をキャンセル
シーラ→ヒーリング
こんな感じで防御主体で挑みました。

リズナの魔抵体質はかなり有効で、魔法ダメージを4分の1くらいに軽減してくれます。
だけど、APが足りなくて、ヒーリングが追い付かない。。。

途中でヒーリングのAPをかなり食うようになったシーラを香姫にチェンジ。
「おだんごどうぞ」で毒状態にさせることでダメージを与えた。
毒で毎ターン3000程度のダメージを与えることができて、かなりこれが役にたった。
というか、これがないと勝てなかった。
後半、APと与ダメ、被ダメを真剣に計算しなければならなかった。。
やっつけたときはHP100も残ってなかったからね。

今回、レッドアイは逃げた。次は何に憑依して出てくるんだろう。
やっぱり闘神かな。

初プレイで攻略は難しいというのは、取扱説明書に書いてあったけど、これは本当かもしれない。魔人戦がかなりきつそう。
おもしろかったー。
先週から仕事が超繁忙期なので、次プレイできるのはきっと次の土日だ。

本記事中の画像の著作権は、すべてアリスソフトに帰属しています。
本記事の作成を行うためにプレイ中のゲームから引用させて頂いたものです。
本記事を含め、画像に対する複製・改変・転載等の著作権法を侵害する行為は、行わないでください。

—————-
2018年2月24日日記
子供と二人で川崎ラゾーナへお出かけ。
人工知能とブロックチェーンの技術書を買いました。
最近、人工知能系の発明を受任する機会が増えていること、ブロックチェーンが発明者との話で話題になること、この2点に危機を感じたからです。

カテゴリー: ゲーム, ランス10 | ランス10 vol.2 約15年ぶりのレッドアイ戦(#21) はコメントを受け付けていません。